著者:デイリー暮らしのエージェント編集部 2024年2月14日更新

カテゴリー おすすめ転職エージェント

転職がうまくいかない理由12選!成功させるためのポイントを徹底解説

デイリー暮らしのエージェント編集部 [PR]

アップロード日2024/01/29

転職活動が長引くと、「いつまでも転職ができないのではないか」「自分を必要としている会社はないのでは?」と不安になります。

結論から言うと、転職がうまくいかないのは、間違った進め方をしていることが多いです。

うまくいかない原因を突き止めて改善すれば、転職の成功率が上がり、短期間で転職活動を終わらせることができます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    本記事では、転職がうまくいかない理由と、転職成功のためのポイントを解説します。

転職がうまくいかない人に知ってほしい3つのこと

転職がすぐに決まるのは一握りの人だけ

多くの転職経験者は、転職に時間が掛かっています。

数社への応募で転職が決まるのは、ほんの一握りの人のみです。

転職エージェント「doda」では、2021年1月~12月の1年間にdodaエージェントサービスを利用して内定を獲得した人のデータを公開しています。

それによると、応募した求人の平均数は19.4社だったことが分かりました。

転職成功者の「平均応募社数」は?

応募社数は? 回答率
2社以上 82.9%
21社以上 28.3%
1社 17.1%
6~10社 15.8%
11~15社 11.3%
16~20社 8.3%
2社 6.0%
3社 4.9%
4社 4.4%
5社 4.0%

出典:doda|転職成功者の「平均応募社数」

全体の約3割の人が21社以上に応募しています。

転職に苦労している人は少なくありません。

◆「中途採用はうまくいかないのが当たり前!?」

中途採用を実施している企業の目的は、退職などで空いた人員の補充です。

新卒採用よりも、「求める人材像」が明確に決まっています。

例え実績やスキルがあっても、必ず内定を得られるわけではないでしょう。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    転職がうまくいかないのは、相性の良い企業が見つかっていないだけの可能性があります。

参考転職がうまくいかない・決まらない場合の3つの原因とアドバイス

転職がうまくいかない理由はなに?12の主な原因を紹介

転職活動の進め方をどこかで間違ってしまっている場合、それを見つけて改善しなければ、転職先が決まるまでに時間が掛かってしまいます。

以下に、転職のステージごとに、転職がうまくいかない主な原因をまとめました。

転職のステージ 転職がうまくいかない原因
転職準備 ・自己分析をしていない
・市場価値を正しく把握していない
・転職理由をポジティブ変換していない
求人への応募 ・応募数が少ない
・企業の情報収集をせずに応募している
書類作成 ・応募職種、ポジションに合わせた自己PRを書いていない
・あいまいで当たり障りない志望動機を書いている
・読みやすい書類になっていない
面接 ・ビジネスマナーが身に付いていない
・自信が無いことが表情に出ている
・面接対策を十分にしていない
・失敗した際のフィードバックができていない

上記12個のうち、どれかひとつでも欠けていると、転職成功率が下がります。

合わせて読みたい「転職の失敗」に関する記事

転職の失敗事例5選!入社して後悔しないためのポイントを解説

転職の失敗事例と併せて、入社後に「転職は失敗だったかも」と思ったときの対処法や満足できる転職を成功させるポイントをご紹介しています。

転職がうまくいかないならプロの手を借りるのが一番

転職がうまくいかない原因が分かっても、それを改善するのは難しいです。

自分で転職活動を進めるのが不安な方は、「転職エージェント」に相談し、プロの目線からサポートを受けるのが良いでしょう。

「転職エージェントとは」

転職エージェントとは、無料で利用できる転職サポートサービスのことです。

登録すると、キャリアアドバイザーやコンサルトと呼ばれる転職サポートのプロが担当として付き、転職活動の大半の行程をサポートしてくれます。

転職エージェントの主なサポート内容

・キャリア相談・希望に合った求人のピックアップ
・求人への応募手続き
・応募書類の添削
・面接対策、模擬面接
・応募企業との面接日程の調整代行
・内定後の条件交渉、入社日調整代行
・前職の退職サポート

転職エージェントを利用することで、転職を成功させるために必要なことを的確にアドバイスしてくれるのはもちろん、書類作成や面接対策を1社ごとに対応してくれるため、転職の成功率アップが期待できます。

転職がうまくいかない12個の原因と改善方法

ここでは、先ほど紹介した転職がうまくいかない12個の原因の改善方法を解説します。

「転職準備」が原因となる3つのケース

転職準備の段階で誤った進め方をしていると、企業とのミスマッチが起こりやすく転職活動がうまくいかないため、準備不足とならないよう、準備を入念に行う必要があります。

準備の段階でチェックしたいのは以下の3つのポイントです。

  • 自己分析をしていない

  • 市場価値を正しく把握していない

  • 転職理由をポジティブ変換していない

それぞれ詳しく解説します。

◆自己分析をしていない

転職では即戦力かどうかが重視されるケースが大半です。

培ったスキルからどのような実績を生んだのか、そして、スキル・経験・知識を応募企業でどのように活かし業務に貢献できるのかを整理します。

何かしらの資格を取得している方は、業務未経験でも転職しやすいと考えがちですが、転職においては「即戦力」が求められることから、実務経験が無い人よりも経験がある人の方が優先度が高いです。

あくまで「経験をベース」に自己分析を進めるように心掛けると良いかと思います。

自己分析がうまくできていない場合、以下の状態になりやすいです。

  • ミスマッチの企業に応募してしまう

  • 応募企業の業務に活かせる強みをアピールできない

  • 具体的かつ明確な志望動機を語れない

自己分析が苦手な方は、マッチした企業を見つけるのが困難です。

転職エージェントを利用して、客観的に分析してもらうことをおすすめします。

◆市場価値を正しく把握していない

市場価値とは、ビジネスパーソンとしての立ち位置のことです。

スキルや実績などから正しく把握する必要があります。

市場価値を把握していなかったり、誤った分析をしてしまったりすると、持っている実力以上の求人に応募してしまい転職がうまくいかなくなる、もしくは、市場価値よりも低い求人に応募して転職に後悔してしまう可能性が高いです。

自分の実力に自信があっても、市場価値には差異があります。

客観的に評価することが大切です。

転職エージェントを利用すれば、しっかりと市場価値を分析してくれます。

◆転職理由をポジティブ変換していない

「年収が低い」「人間関係が悪い」など、転職理由の多くはネガティブなものです。

それをそのまま書類に書いたり、面接で話したりすると通過率が下がります。

ネガティブな内容はポジティブに変換をすることが重要です。

以下に、ポジティブ変換の例をまとめました。

年収が低い ・成果を評価してくれる企業で働きたい
・年功序列ではなく、実力重視の会社でキャリアを積みたい
通勤時間が長い ・通勤時間を仕事のために有意義に使いたい
・地元に密着した企業で働きたい
人間関係が悪い ・個人ではなく、チームで仕事をする方が性格に合っている
・同じ目標に向かって仲間と協力しながら仕事がしたい
面接 ・ビジネスマナーが身に付いていない
・自信が無いことが表情に出ている
・面接対策を十分にしていない
・失敗した際のフィードバックができていない

ネガティブな内容をそのまま伝えると、面接官は「嫌なことや不満なことがあると転職してしまう」という印象を持ってしまう恐れがあります。

「求人への応募」が原因となる2つのケース

転職準備を正しく進めたら、次は求人への応募です。

1社に絞らずに積極的に求人に応募すると良いとされています。

しかし、ただたくさんの求人に応募すれば良いわけではないです。

以下に該当する方は、企業とのミスマッチに気付かずに応募している場合があります。

  • 応募数が少ない

  • 企業の情報収集をせずに応募している

◆応募数が少ない

中途採用を実施する企業は、求める人材やスキルが明確です。

そのため、市場価値の高い人材であっても内定がもらえるわけではありません。

また、優良求人には当然ながらライバルがたくさんいます。

転職を短期間で成功させるためには、積極的に求人に応募することが大切です。

ただし、闇雲に応募しても結果は見えています。

応募する求人を見つけたら、一考してから応募するのが良いでしょう。

転職先への希望条件に優先順位を付け「絶対に譲れないポイント」「譲ってもいいポイント」を明確にしたり、複数の転職サイトで定期的に求人をチェックしたりすると、求人に応募しやすくなります。

◆企業の情報収集をせずに応募している

企業の情報収集をしないと、相性の合う・合わないが不明瞭なままです。

転職がうまくいかなくなる、もしくは、転職に成功したとしてもミスマッチを理由に転職を繰り返す恐れがあります。

転職活動が長引くのも、転職を繰り返すのもキャリアにとってはマイナスです。

自分に合った企業を選ぶ際は、最低限、企業のホームページにある企業理念や活動レポート、口コミサイトなどに目を通し、自分は企業が求める人材かどうか、また、自分が入社した後に活躍できるかイメージしてから応募することが大切です。

企業の情報収集は意外と時間が掛かります。

転職エージェントを利用すると、求人を紹介してくれる際に企業の内情も教えてくれるため、応募する求人を簡単に絞ることが可能です。

合わせて読みたい「転職エージェントと転職サイトの違い」に関する記事

転職サイトと転職エージェントの違いを解説!どっちがおすすめ?

転職サイトと転職エージェント、どちらも求人を見つけるためのサービスという点では同じですが、提供されるサポート内容は大きく異なります。そこで転職サイトと転職エージェントの違いを徹底解説しています。

「書類作成」が原因となる3つのケース

履歴書や職務経歴書をただ作成しただけでは、書類選考に通りにくいです。

応募企業ごとにしっかりと作成する必要があります。

求人への応募数が増えると、応募書類を作るのが大変です。

以下のような書類を作ってしまいます。

  • 応募職種、ポジションに合わせた自己PRを書いていない

  • あいまいで当たり障りない志望動機を書いている

  • 読みやすい書類になっていない

応募書類を送付する前に、企業のニーズに合っているかを確認すると良いでしょう。

◆応募職種、ポジションに合わせた自己PRを書いていない

職務経歴書は、自己PRする役割を担っています。

使いまわしはせず、企業のニーズに合致するよう作成するのがポイントです。

職務経歴書の作成例

職務経歴書の作成例

例えば、営業職から事務職に転職する人の場合で考えます。

事務職に応募する職務経歴書に、営業職で鍛えたフットワークや体力をアピールしてもプラス評価にはならないため、「営業先で顧客に提示する資料をパソコンで作成していた」など、事務職に関連する経験をアピールするのがベストです。

転職エージェント利用者であれば、無料で応募書類の添削を依頼できます。

参考転職は難しい?うまくいかない人の特徴と成功のポイント

◆あいまいで当たり障りない志望動機を書いている

志望動機は企業にとって、応募者がマッチしているかどうかを知るための重要な項目です。

当たり障りのない志望動機を書いてしまうと、熱意が伝わらないばかりか、「応募書類を使いまわしているのでは?」と疑われてしまいます。

志望動機で書くべきは、「なぜ求人に応募したのか」「入社したらどんな仕事をしたいのか」「応募企業で活躍できると思う理由」です。

応募企業ごとにしっかりと作り込む必要があります。

◆読みやすい書類になっていない

内容が良くても、文章が読みにくかったり、字が汚かったりするとネガティブな印象を持たれてしまい、それが転職がうまくいかない原因となります。

読みやすい書類を作るためのポイントは以下の通りです。

  • 簡潔で明確な文にする

  • 「だが」「しかし」といった逆説の接続詞は使わない

  • です、ますで統一する

指定が無い限り、応募書類は手書き・パソコンのどちらで作成したものでも送付できます。

ただ、dodaによるアンケート調査によると、企業の採用担当者はパソコンよりも手書きで作られた応募書類に好印象を持ちやすいようです。

【採用担当者に聞いた!履歴書は手書きとパソコン作成のどちらが良い?】

回答 回答率
パソコンで作成したほうが良い 10.7%
どちらかというとパソコンで作成したほうが良い 3.9%
手書きで作成したほうが良い 27.2%
どちらかというと手書きで作成したほうが良い 15.5%
どちらともいえない、どちらでもかまわない 42.7%

出典:doda|履歴書は手書きとパソコン作成どちらがいい? 採用担当者の生の声とメリット・デメリット

時間に余裕がある時や第一志望の企業は、手書きで作成するのもおすすめです。

字の美しさに自信がある人は、それもアピールに繋がります。

「面接」が原因となる4つのケース

「面接には辿り着くのに内定がもらえない」という方は、面接対策をしっかりと行うと同時に、面接官にポジティブな印象を与えられるよう意識を持つと良いかと思います。

ビジネスマナーや回答方法を意識するだけで、印象は大きく変わります。

以下のようなことがないか確認してみるのが懸命です。

  • ビジネスマナーが身に付いていない

  • 自信が無いことが表情に出ている

  • 面接対策を十分にしていない

  • 失敗した際のフィードバックができていない

それぞれを詳しく解説します。

◆ビジネスマナーが身に付いていない

ビジネスマナーが身についていない人は、ビジネスパーソンとして半人前という評価となり、内定獲得率が大幅に下がってしまいます。

ビジネスマナーを客観的に確認しておくと安心

ビジネスマナーを客観的に確認しておくと安心

自分でできていると思っても、第三者から見るとできていないこともあるため、身だしなみや言葉遣いなどを含め、確認しておくと安心です。

◆自信が無いことが表情に出ている

転職での面接や履歴書の写真で暗い表情を浮かべていると、印象が良くないです。

転職活動がうまくいかない状態だと、不安や自信の無さが表情に出ます。

明るい表情、自信のある振る舞いをするのが良いです。

◆面接対策を十分にしていない

面接対策が不足してると、どんなに企業とマッチしていても面接では不利です。

相性の良い企業で活躍できるチャンスを逃してしまいます。

しっかりと面接対策をすることが大切です。

面接でよく聞かれる質問とその回答例を調べたり、逆質問で聞くことを考えたりすることがライバルとの差を生むことに繋がります。

転職エージェントでは、応募企業に合わせた面接対策や模擬面接が受けられるため、不安や緊張を軽減して面接の本番に臨めます。

◆失敗した際のフィードバックができていない

面接を落としてしまうと気持ちが沈んでしまいますが、落ちた時こそ面接を振り返り「なぜ落ちたのか」を考えることが大切です。

冷静になって面接を振り返れば、「この質問にはこう回答をすべきだった」などの改善点が見つかり、次の面接の機会に活かせます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    転職エージェント経由で応募した場合、面接のフィードバックをキャリアアドバイザーが一緒に行ってくれ、アドバイスをしてくれるため効率的です。

参考転職活動がうまくいかない「よくある」理由とその対策

転職がうまくいかない人は転職エージェントの利用がおすすめ

転職回数が少ない人や自分で転職活動を進めることに自信が無い方は、転職エージェントの利用がおすすめです。

以下に、改めて転職エージェントの基本的なサポート内容をまとめました。

転職のステージ 転職エージェントのサポート内容
転職の準備 キャリア面談でキャリアの棚卸しを行い、市場価値を正確に分析してくれる
求人への応募 キャリアアドバイザーが、保有している求人の中から求職者の希望にマッチした求人をピックアップし、応募を代行してくれる
書類作成 求人への応募時に送付する履歴書・職務経歴書を作成をサポートしたり、添削したりしてくれる
面接 模擬面接などで面接対策を実施してくれる他、企業との面接日程の調整を代行してくれる

上記に加え、内定を獲得した後は、企業との間に立って労働条件の交渉と入社日の調整を代行してくれるため、希望通りの転職を実現できる可能性が高まります。

転職エージェントは企業から人材紹介料を得るビジネスモデルです。

そのため、求職者はサービスを無料で利用できます。

合わせて読みたい「おすすめ転職エージェント完全版」

おすすめの転職エージェント18選|目的別に紹介【徹底比較】

転職がうまくいかない場合は、転職エージェントの利用がおすすめですが、こちらの記事では、おすすめの転職エージェントの中から利用者の多い人気の18社を、目的ごとに分けてご紹介しています。

参考転職がうまくいかないのはなぜ?年代別の原因と改善方法

転職がうまくいかない人に知っていてほしいこと

転職エージェントを利用せず、自分で転職活動を進める人は、転職活動を乗り切るためのポイントを頭に入れておくと、うまくいかない時でも気持ちを切り替えられます。

合わせて読みたい「転職エージェントのメリット・デメリット」に関する記事

転職エージェントのメリット・デメリットを解説!利用がおすすめの人とそうでない人の違いとは?

転職エージェントのメリット・デメリットについて詳しく解説しています。また、転職エージェントを活用する方法についても紹介しています。

転職することをゴールにしない

「年収をアップしたい」「キャリアアップしたい」など、転職理由はさまざまです。

目標を持って転職活動をしているのにうまくいかないと、徐々に転職理由があいまいになり、「転職すること」が目標になってしまいます。

退職せずに転職活動をする人は、転職することだけに固執するのではなく、現職に在籍することも考えに入れ、自分にとって良い方を選ぶのが得策です。

転職先に妥協して転職することは避ける必要があります。

適度に息抜きを入れる

転職がうまくいかないと焦りや不安が生じます。

息抜きをしなければ、転職活動が長引いた時に心が折れてしまいます。

転職を始めると、1日の時間の多くを転職のために割いてしまいがちです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    適度に休憩を挟みながら転職活動を進めることをおすすめします。

    応募企業近くの飲食店を回るなど、転職活動自体に楽しみを見つけられると良いでしょう。

参考転職活動がうまくいかない原因と解決方法、転職成功するためのコツ

正社員にこだわらない

「転職するなら正社員で」と考える人がほとんどです。

しかし、退職をしてから転職活動を始めた人は、ブランクが長くなり市場価値が下がってしまうだけでなく、収入源が無いために生活が不安定になります。

転職活動がうまくいかない場合は、正社員にこだわらず他の雇用形態で仕事に就くことも選択肢のひとつに入れるのが無難です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    派遣期間終了後に直接雇用を結べる「紹介予定派遣」であれば、正社員として働けるチャンスがあります。

参考転職がうまくいかない原因を解説!要点を押さえて希望を叶えよう

まとめ

転職がうまくいかない方に向けて、原因や対処法などを紹介しました。

原因を見つけて改善することが、転職成功のポイントです。

自分一人で転職活動を進めるのが不安な方、効率良く転職活動を進めたい方は、転職エージェントを利用することをおすすめします。

キャリアアドバイザーによる的確なアドバイスとサポートが受けられるため、自分で転職活動を進めるよりも転職成功率がアップするはずです。

合わせて読みたい「転職エージェントの選び方」に関する記事

転職エージェントの選び方を徹底解説!効果的な活用方法もご紹介します!

転職エージェントの選び方や、質の高いキャリアアドバイザーの見分け方の解説と併せて、効率的な活用方法をご紹介しています。

転職がうまくいかない状況が続き疲れた場合の対処法

転職がうまくいかないという状況に直面すると、確かに疲れや失望を感じることがあります。転職がうまくいかないという状況が続くと、自信を失ったり、将来に不安を感じたりすることも少なくありません。しかし、このような状況にあるときこそ、いくつかの具体的な対処法を実践することが重要です。

まず、転職がうまくいかない状況に直面したら、冷静になりましょう。感情的になることなく、状況を客観的に分析し、何がうまくいかなかったのか、どのように改善できるかを考えることが大切です。自分の力ではどうしようもないような場合でも、冷静な判断ができるようになることが重要です。

次に、転職がうまくいかない状況にあるときは、自己分析を行いましょう。自分の強み、弱み、興味関心、キャリアゴールなどを整理し、これらの情報をもとに自分に合った求人やキャリアパスを見つけることが大切です。自己分析を通じて、自分にとって本当に適した職場や仕事の条件を見つけることができます。

さらに、転職がうまくいかない状況への対処法として、複数の選択肢を持つことも重要です。たとえば、職種や業界を柔軟に考えることで、新たな可能性を見つけられるかもしれません。また、自分のスキルや経験を活かせる職場だけでなく、新たなスキルを身につけられる環境を探すことも有効です。

さらに、転職がうまくいかない状況にあるときは、自己ブランディングにも注力しましょう。自分の価値を示すために、LinkedInや自己PR文書などのツールを活用して自己アピールを行います。自己ブランディングを行うことで、求人票や面接での印象が良くなり、転職成功への道が開けるかもしれません。

最後に、転職がうまくいかないと感じたときは、支援を受けることも検討しましょう。友人や家族、または専門のキャリアカウンセラーやコーチからのサポートを受けることで、新たな視点や助言を得ることができます。また、専門の転職エージェントを利用することで、市場情報や求人情報を得ることができます。

以上の対処法を実践することで、転職がうまくいかない状況にあるときでも、前向きに未来を切り拓くことが可能です。自己分析や情報収集、自己ブランディング、そしてサポートを受けることで、転職成功への道が広がることでしょう。

ここがポイント

転職がうまくいかないと感じたら、冷静に状況を分析しましょう。自己分析を行い、自分に合った職場や求人を探すことが大切です。さらに、複数の選択肢を考えることで新たな可能性を見つけられます。自己ブランディングを通じて自己アピールを高め、専門家や周囲のサポートを受けることも検討しましょう。これらのアプローチを取ることで、転職成功への道が開けます。

参考: 転職がうまくいかない・決まらない場合の3つの原因とアドバイス

page top