ホーム > 競馬・レース > 競馬・レース最新紙面記事

メイショウアカフジ武豊で好時計

 新種牡馬メイショウサムソン産駒の期待馬メイショウアカフジが中京に登場する
【拡大写真はコチラ】
 新種牡馬メイショウサムソン産駒の期待馬メイショウアカフジが中京に登場する

 23日の阪神5Rでティーハーフが圧勝。西浦厩舎期待の快速馬が、見事に初陣を飾った。中京開幕週には、来春のクラシックをにらむメイショウアカフジ(牡)がスタンバイ。当歳時の10年セレクトセールで4700万円の値がついた好素材が、7月1日の中京5R(芝1600メートル)でついにベールを脱ぐ。

 父は新種牡馬メイショウサムソン。06年に皐月賞とダービーの2冠を制し、翌年には天皇賞春秋連覇を達成。非SS系の活躍馬で生産界の期待は大きい。母系も優秀で、半姉は05年桜花賞とNHKマイルCで“変則2冠”を決めたラインクラフト(06年に急死)。推定500キロと大物感が漂う。

 5月上旬に入厩。坂路とコースを併用して丹念に乗り込まれてきた。20日には武豊を背に一杯に追われ、栗東DPで6F81秒4‐37秒5‐11秒8の好タイムを計時。僚馬に首差遅れたが、動きは合格点。指揮官は「大型だけど、やるごとに良くなっている」と順調な仕上がりに目を細める。

 温厚な性格は父譲り。「検疫のときにたまたま隣にラインクラフトの担当厩務員だった竹邑さんがいて。“これはサムソンやなあ〜”って。すごく扱いやすいです」と西岡厩務員は明かす。それでも、調教のピッチが上がるごとに目つきが変わってきた。「これだけの血統馬ですし、やれることはやってきました。気持ちが乗ってきていい雰囲気です」。父も駆け抜けた尾張の地から、世代の頂点を目指す。

デイリーオススメ情報

ソーシャルブックマーク・RSS・google+1・twitter・Facebook

オススメ競馬写真ニュース








Copyright(C) 2011 デイリースポーツ/神戸新聞社 All Rights Reserved.
ホームページに掲載の記事、写真などの無断転載、加工しての使用などは一切禁止します。ご注意下さい。
当サイトは「Microsoft Internet Explorer 4.x」「Netscape Navigator/Communicator 6.x」以上を推奨しています
Email : dsmaster@daily.co.jp