文字サイズ

[2006年]さらば井川、涙のラスト甲子園

1枚拡大

 虎7連勝。27日、奇跡の逆転Vへまた一歩、近づいたマウンドで、井川慶投手(27)がチームメートと勝利の喜びを分かち合いながら号泣した。1失点完投で12勝目。今季、甲子園での最後になるであろう登板での快投だった。「きょうは1球1球に気持ちを込められたと思います。完投できてよかった…」。今オフには、ポスティングでのメジャー移籍を直訴する可能性が高い。日本シリーズで登板する可能性はあるが、移籍が実現すれば、聖地での雄姿はもう見られないかもしれない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス