著者:デイリー暮らしのエージェント編集部 2024年2月14日更新

カテゴリー おすすめウォーターサーバー

水道直結型ウォーターサーバーのおすすめ3社を徹底比較!メリット・デメリットも解説します!

デイリー暮らしのエージェント編集部 [PR]

アップロード日2023/12/18

今、水道直結型のウォーターサーバーが注目されています。

ウォーターサーバーと高性能な浄水器を融合させた水道直結型ウォーターサーバーは、水の消費量を気にせず、定額で使えるのが大きなアドバンテージです。

宅配注文型ウォーターサーバーから水道直結型ウォーターサーバーに乗り換えを検討している方も多いと思います。

しかし、契約前にメーカーや宅配注文型との違いを確認しておくのが大切です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    そこで本記事では、おすすめの水道直結型ウォーターサーバーメーカー3社やメリット・デメリットを、口コミを交えて解説します。

おすすめの水道直結型ウォーターサーバーメーカー3社を紹介

ここでは、業界を代表するおすすめの水道直結型ウォーターサーバーメーカーを3社紹介します。

『エブリィフレシャス』

出典:エブリィフレシャス
除去物質数 23種類
サーバーレンタル代(税込) 3,300円
電気代 / 月 約360円~
配送料 無料
解約金(税込) ・1年未満の解約:22,000円
・2年未満の解約:16,500円
・3年未満の解約:11,000円
おすすめポイント ・高性能な浄水カートリッジで23種類の物質を除去
・月々3,300円(税込)の定額プランだからお財布に優しい
・工事不要で届いてすぐに使える
・最新のクリーン機能「UV-LED」で自動クリーニング
・温度調節ができる

エブリィフレシャスは、月々3,300円(税込)で使えるリーズナブルなウォーターサーバーです。

最新のクリーン機能「UV-LED」やECO機能、水の温度調節機能など、リーズナブルな価格でありながら最新の機能が搭載されています。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    おしゃれで機能性に優れた水道直結型ウォーターサーバーを探している方におすすめです。

浄水カートリッジは6ヶ月に一度無料で届けてくれる

浄水カートリッジは6ヶ月に一度、無料で届けてくれます。

カートリッジ代は月々のレンタル代に含まれているため、追加の料金は不要です。

交換は自分で行います。

ウォーターサーバーのホルダー内のカートリッジを外し、新しいものを取り付けるだけなので、浄水器を使用した経験が無い方でも安心です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    使い終わったカートリッジは、プラスチックゴミとして処分できます。

コンパクトでシンプルなデザインだからインテリアになじみやすい

エブリィフレシャスでは、「ミニ」と「トール」の2機種をラインナップしています。

丸みを帯びたシンプルでコンパクトなデザインなので、どんなインテリアにも馴染みやすく、キッチンや寝室にも設置しやすいです。

機種名 ミニ トール
月額料金(税込) 3,300円 3,300円
初期費用 無料 無料
カラー マットブラック / マットホワイト マットブラック / マットホワイト
サイズ H470mm×W250mm×D295mm H1,257mm×W310mm×D490mm
機能 UV殺菌 / チャイルドロック / ECO機能 / SLEEP機能 UV殺菌 / チャイルドロック / ECO機能 / SLEEP機能
注水温度 ・温水:約80~85℃
・ECO温水:約70~75℃
・冷水:約5~10℃
・ECO冷水:約10~15℃
・温水:約80~85℃
・ECO温水:約70~75℃
・高温水:約85~90℃
・冷水:約5~10℃
・ECO冷水:約10~15℃
・常温水
電気代 / 月 ・約410円~ ・約360円~

出典:エブリィフレシャス

「エブリィフレシャスのメリット・デメリットや評判・口コミ」を知りたいときに合わせて読みたい

エブリィフレシャスの評判・口コミを紹介します!メリット・デメリットも解説!

エブリィフレシャス(every frecious)は、最近話題の定額制プランで利用できる「浄水型ウォーターサーバー」のメーカーとして人気が高まっています。そこで、エブリィフレシャスのメリット・デメリット、エブリィフレシャスの口コミ・評判を紹介しています。

『ウォータースタンド』

出典:ウォータースタンド
除去物質数 ・ナノシリーズ:20種類・プレミアムシリーズ:RO膜
サーバーレンタル代(税込) ・ナノシリーズ:2,200~4,950円
・プレミアムシリーズ:3,300~8,250円
初期費用(税込) 初回設置費:9,900円
電気代 0円~
配送料 無料
解約金(税込) ・1年未満の解約:6,600円
おすすめポイント ・15機種のウォーターサーバーをラインナップ
・省エネ性能抜群
・おしゃれでコンパクトなデザイン
・プレミアムシリーズなら自宅でRO水が作れる
・6ヶ月に一度、専門スタッフが訪問メンテナンスを実施

水道直結型ウォーターサーバーを世に広めたウォータースタンドは、高機能でおしゃれなウォーターサーバーを15機種もラインナップしています。

レンタルする機種の選択肢が多いのは、ウォータースタンドの強みです。

ウォータースタンドの水道直結型ウォーターサーバーは、「ナノシリーズ」と「プレミアムシリーズ」に分かれています。

「ナノシリーズ」 20種類の物質を除去する高性能な浄水カートリッジを内蔵している
「プレミアムシリーズ」 RO膜を内蔵しており、水道水からRO水(純水・ピュアウォーター)を作れる

定額でRO水が飲み放題なのは、ウォータースタンドのみです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    宅配注文型のウォーターサーバーから乗り換える方も、水の味に満足できるでしょう。

用途で選べる水道直結型ウォーターサーバー

ウォータースタンドのウォーターサーバーは、水道直結のため非常にコンパクトです。

機種によっては、最新技術によって貯水タンク不要で瞬時に温水・冷水を注水でき、狭いキッチンスペースにも無理なく設置できます。

また、機能や構造が機種ごとに大きく異なるのもウォータースタンドの特徴です。

以下に各シリーズの代表機種を4機種まとめました。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    サイズ・電気代・注水温度に注目すると、違いが分かりやすいです。

シリーズ / 機種名 ナノ「トリニティ」 プレミアム「ガーディアン」 プレミアム「S3」 プレミアム「NEOS2」
月額料金(税込) 3,850円 4,400円 5,280円 3,300円
初期費用(税込) 初期設置費:9,900円 初期設置費:9,900円 初期設置費:9,900円 初期設置費:9,900円
カラー ホワイト ホワイト ホワイト シルバー
サイズ H500mm×W260mm×D470mm H471mm×W230mm×D230mm H510mm×W260mm×D483mm H434mm×W192mm×D430mm
注水温度 ・冷水:5~8℃
・常温水
・温水(高温):約93℃
・温水(中高温):約85℃
・温水(低音):約75℃
・冷水:5~8℃
・常温水
・温水:85~93℃
・冷水:5~8℃
・常温水
電気代 / 月 約220円~ 約150円~ 約650円~ 0円

6ヶ月に一度、訪問メンテナンスを実施

ウォータースタンドでは、6ヶ月に一度の訪問メンテナンスを実施しています。

もちろん追加料金は不要です。

ご自宅の水道直結型ウォーターサーバーを徹底的にメンテナンス・クリーニングしてくれるので衛生面で安心して使い続けることができます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    フィルター交換も行ってくれるので、面倒な作業もないのがポイントです。

「ウォータースタンドのメリット・デメリットや評判・口コミ」を知りたいときに合わせて読みたい

ウォータースタンドは最悪?デメリットと悪い口コミ・評判を紹介します

ウォータースタンドを検討している場合、悪い口コミやデメリットは契約前に知っておきたいところです。そこで、ウォータースタンドの悪い口コミ・評判と併せて、メリット・デメリットを紹介しています。

『楽水』

出典:楽水
除去物質数 非公開
※レンタル料+1,000円でRO膜を選択可能
サーバーレンタル代(税込) 2,200~6,578円
※契約プラン・契約年数によって異なる
初期費用(税込) 初回設置費:5,500~13,200円※契約プランによって異なる
電気代 約800円~
配送料 無料
解約金 ・3年未満の解約:残り契約月数×レンタル料の40%
おすすめポイント ・長期利用でサーバーレンタル代を大幅割引
・用途に応じて契約できる5つのプランを提供
・水道直結できない場合でも給水タンクで利用可能
・RO水を自宅で作れるRO膜が選べる

参考水道直結の楽水(らくみず)ウォーターサーバー

長期利用でとってもお得になる

楽水では、用途に応じて6つのプランから選べます。

契約してから6年目、10年目のタイミングで月額料金が大幅に割り引かれるのも楽水の特徴です。

初期費用(税込) 初回契約3年間 6年目以降 10年目以降
「ライトプラン」 13,200円 3,278円 2,750円 2,200円
「DIYプラン」(※) 5,500円 3,278円 2,750円 2,200円
「給水タンクプラン」 8,800円 3,278円 2,750円 2,200円
「ROプラン」 13,200円 4,378円 3,850円 3,300円
「大容量プラン」 13,200円 5,478円 4,950円 4,400円
「大容量プランRO」 13,200円 6,578円 6,050円 5,500円
(※)設置工事を自身で行うプラン

3つのフィルターで水道水をキレイにする

楽水は水道水を3つのフィルターで浄水します。

①セディメントカーボンフィルター原水(水道水)に含まれるサビ、土、ホコリ等の不純物を除去します。交換目安:6ヶ月ごとに交換 ②ウルトラフィルター(UF)自然水のミネラルバランスを維持し、雑菌等を除去します。交換目安:12ヶ月ごとに交換 ③ポストカーボンフィルター活性炭の吸着式を利用して、塩素等の有害物質とにおいを除去します。交換目安:18ヶ月ごとに交換


出典:楽水|カートリッジ無料

1,100円(税込)の追加料金がかかりますが、ROフィルターをを付けることも可能です。

衛生的なRO水を気軽に飲みたい方から支持されています。

機種名 ピュレスト(卓上) ピュレスト(床置き)
月額料金(税込) 2,200~6,578円
※契約プラン・契約年数によって異なる
2,200~6,578円
※契約プラン・契約年数によって異なる
初期費用(税込) 5,500~13,200円
※契約プランによって異なる
5,500~13,200円
※契約プランによって異なる
カラー ブラック / ホワイト ブラック / ホワイト
サイズ H480mm×W300mm×D400mm H1,050mm×W320mm×D350mm
機能 ・加熱殺菌
・チャイルドロック
・ECO機能
・加熱
・給水ライト
・チャイルドロック
・ECO機能
・SLEEP機能
・加熱殺菌
・チャイルドロック
・ECO機能
・加熱
・給水ライト
注水温度 ・温水:約90℃
・加熱:約95℃
・冷水:約5℃/7℃/9℃
・温水:約90℃
・加熱:約95℃
・冷水:約5℃/7℃/9℃
電気代 / 月 約800円~ 約800円~

出典:楽水

水道直結型ウォーターサーバーのレンタル代【徹底比較】

前項で紹介した水道直結型ウォーターサーバー3社のレンタル代を徹底比較します。

水道直結型ウォーターサーバーは、定額で使い放題というメリットがあるものの、機種によっては宅配注文型のウォーターサーバー以上にランニングコストがかかってしまうのが難点です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    一般的な温冷水注水ができる最安値のウォーターサーバーをレンタルした場合を想定しています。

①楽水|ピュレスト(床置き)

出典:楽水

楽水には6つのプランがあります。

「ライトプラン」「DIYプラン」「給水タンクプラン」は、月額3,278円(税込)とリーズナブルです。

さらに6年経過後は2,750円(税込)、10年経過後は2,200円(税込)とレンタル代に割引が適用されます。

機種名 「ピュレスト(床置き)」
初期費用 5,500~13,200円※契約プランによって異なる
カラー ブラック / ホワイト
サイズ H1,050mm×W320mm×D350mm
機能 加熱殺菌 / チャイルドロック / ECO機能 / 加熱 / 給水ライト
注水温度 ・温水:約90℃
・加熱:約95℃
・冷水:約5℃/7℃/9℃

※価格はすべて税込

【最安料金プラン】

サーバーレンタル代 ・ライトプラン:3,278円
・DIYプラン:3,278円
・給水タンクプラン:3,278円
電気代 / 月 約800円~
月額料金 4,078円

※価格はすべて税込

②エブリィフレシャス|トール

出典:エブリィフレシャス

エブリィフレシャスの契約プランは、定額3,300円(税込)のワンプランです。

シンプルな料金体系なので、どなたでも悩むこと無く契約できます。

最新機能を搭載したリーズナブルな料金設定が好評です。

機種名 「トール」

出典:エブリィフレシャス

初期費用 無料
カラー マットブラック / マットホワイト
サイズ H1,125mm×W290mm×D363mm
機能 UV殺菌 / チャイルドロック / ECO機能 / SLEEP機能
注水温度 ・温水:約80~85℃・ECO温水:約70~75℃
・高温水:約85~90℃
・冷水:約5~10℃
・ECO冷水:約10~15℃
・常温水

※価格はすべて税込

【最安料金プラン】

サーバーレンタル代 3,300円
電気代 / 月 約360円~
月額料金 3,660円~

※価格はすべて税込

③ウォータースタンド|ナノシリーズ・ネオ

出典:ウォータースタンド

水道直結型ウォーターサーバーのウォータースタンドは、15機種をラインナップしています。

最もリーズナブルにレンタルできるのは、ナノシリーズの「ネオ」です。

月々3,850円(税込)でレンタルできます。

機種名 「ナノシリーズ・ネオ」

出典:ウォータースタンド

初期費用 9,900円
カラー ホワイト
サイズ H500mm×W260mm×D505mm
機能 連続抽出機能
注水温度 ・温水:85~93℃
・冷水:5~8℃
・常温水

※価格はすべて税込

【最安料金プラン】

サーバーレンタル代 3,850円
電気代 / 月 約500円~
月額料金 4,350円~

※価格はすべて税込

参考水道直結・浄水型ウォーターサーバーのメリット

水道直結型ウォーターサーバーの仕組みや注意点を解説

水道直結型ウォーターサーバーは定額で利用できます。

水道管とウォーターサーバーを繋ぐため、宅配注文型のウォーターサーバーのように定期的に水ボトルを交換したり、空のボトルを処分や回収に出したりする必要もありません。

浄水カートリッジは、高級な浄水器と遜色のない高性能なものが搭載されています。

水道水の独特の味や臭いを作る成分や不純物をしっかり取り除いてくれるので、衛生面も安心です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    赤ちゃんのミルクや離乳食にもおすすめします。

「赤ちゃんのいる家庭向けウォーターサーバー」を探しているときに合わせて読みたい

赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーは必要?専用プランのあるおすすめメーカーとメリット5つを徹底解説!

子育てに適したウォーターサーバーを選ぶポイントや赤ちゃんのいる家庭にウォーターサーバーを導入するメリットを解説します。また、赤ちゃんのいる家庭におすすめのウォーターサーバー11社を紹介しています。

水道直結型は初期費用が高い

リーズナブルに使えるイメージがある水道直結型ウォーターサーバーですが、水道管とウォーターサーバーを繋ぐための設置工事が必要で、初期費用として平均1万円前後の費用がかかります。

工事といっても大掛かりなものではなく、原状回復も容易です。

ただし、引越しをする際には撤去作業が入ります。

引っ越し時の水道直結型ウォーターサーバーの注意点

引っ越し時の水道直結型ウォーターサーバーの注意点

引越しのスケジュールを決める際は、水道直結型ウォーターサーバーの撤去依頼を忘れずにし、余裕を持って専門スタッフに作業してもらうのが良いでしょう。

参考水道水ウォーターサーバーおすすめ10選|飲み放題の浄水型を使用した忖度なしのランキング

水道直結型ウォーターサーバーのメリット・デメリット

道直結型ウォーターサーバーのメリット

水を受け取らなくて良い

宅配注文型のウォーターサーバーは水を自宅まで配送してくれますが、20kg以上ある水ボトルを玄関から水ボトルの保管スペースまで移動させるのは非常に大変です。

一方、水道直結型ウォーターサーバーは水道水を利用するので、水の受取や水ボトルのストックを保管するためのスペースを作る必要はなく、気軽に利用できます。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    女性や高齢者にとって、非常に嬉しいメリットです。

参考おすすめの水道水ウォーターサーバー18選!人気を紹介

水ボトルの交換も不要

水道管とウォーターサーバーが繋がっており、水が自動的に供給されるため、「水が無くなったら水ボトルを交換する」という従来の作業から解放されます。

月々の利用料金はサーバーレンタル代のみ

宅配注文型ウォーターサーバーの料金は、大部分を水代が占めており、サーバーレンタル代と注文ノルマの水代だけで5,000円近いコストが毎月かかります。

水道直結型ウォーターサーバーは水代はかからず、サーバーレンタル代だけで利用可能です。

レンタル代には、浄水カートリッジ代やサービス料、配送料が含まれています。

故意の破損などの例外を除き、追加で料金が請求されることはないです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    定額でおいしい水が飲めるのは、水道直結型ウォーターサーバーの最大のメリットと言えます。

ゴミがほとんどでないエコなウォーターサーバー

宅配注文型ウォーターサーバーの水ボトルには、「ワンウェイ」と「リターナブル」があります。

ワンウェイボトル 空になったボトルを一般ごみとして捨てたり、ペットボトル回収に出したりできる使い捨ての水ボトル
リターナブル・ボトル 専門スタッフが回収した後、洗浄して再利用される水ボトル

ワンウェイボトルは、便利で部屋のスペース圧迫を防げますが、その一方で水ボトルの交換をする度にプラスチックゴミが発生してしまいます。

水道直結型でゴミが出るのは浄水カートリッジ交換時のみです。

「浄水器とウォーターサーバーのメリット・デメリット」について詳しく知りたいときに合わせて読みたい

浄水器とウォーターサーバーはどっちがおすすめ?メリット・デメリットを徹底解説!

この記事では、の記事では、浄水器とウォーターサーバーのメリット・デメリット、そして、今話題の浄水型ウォーターサーバーについて解説しています。また、おすすめのウォーターサーバーも紹介しています。

水道直結型ウォーターサーバーのデメリット

設置時に初期費用と手間がかかる

先にも記した通り、水道直結型ウォーターサーバーは設置工事が必要です。

設置工事の際、専門スタッフが設置できるかどうかの確認を行います。

設置場所の候補をいくつか用意しておくことが大切です。

スタッフが調査し、設置不可となった場合は契約も不可となります。

なお、設置工事にかかる費用の相場は1万円前後です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    設置時に費用と手間がかかるのは大きなデメリットと言えます。

定期的に浄水カートリッジの交換が必要

浄水器と同じように、水道直結型ウォーターサーバーも定期的な浄水カートリッジの交換が必要です。

ウォータースタンドのように訪問メンテナンスサービスを提供しているメーカーは稀で、浄水カートリッジの交換作業は基本的に自分で行います。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    年に数回の作業ですが、面倒に感じる方は少なくないです。

設置場所に制限がある

水道管とウォーターサーバー本体を繋げる水道直結型は、ホースが届く位置ならどこでも設置できると思われるかも知れませんが、水圧によっては水道管の近くに設置しなければならないケースもあります。

ウォーターサーバーの性能によるところも大きいです。

例えばウォータースタンドの場合、シリーズによって水道管からの有効な距離が全く異なります。

水道からの距離に関しては、商品のタイプによって異なり、プレミアムシリーズでは、水栓から3~5m、ナノシリーズでは10m以上でも設置可能です。ただし、接続する水道の水圧によっては前後する場合があります。


出典:ウォータースタンド|本体の設置・移設

水道管から離れた位置に設置したいときは、楽水の給水タンクやエブリフレシャスのように、水道水を手動で供給するタイプのウォーターサーバーをレンタルすることで解決できます。

利用が少ないご家庭は宅配注文型の方が安いことがある

定額プランは、使っていないときでも料金が発生するので注意が必要です。

レンタルするウォーターサーバーや契約プラン、水使用量によっては宅配注文型のウォーターサーバーの方がランニングコストが安くなります。

宅配注文型は、使用しないときは配送を止めて料金を抑えることが可能です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    メーカーによっては請求額0円で利用できる月も作れます。

「安いウォーターサーバー」を探しているときに合わせて読みたい

安いウォーターサーバー10社を徹底解説|ノルマなしメーカー・解約金の詳細も!

注文ノルマの有無や解約金を含む料金体系など、おすすめの安いウォーターサーバーを紹介しています。また安いウォーターサーバーを選ぶポイントなどについても解説しています。

水道直結型ウォーターサーバーの口コミ・評判

良い口コミ・評判

良い口コミ・評判

・定額制なので家計の計算がしやすい
・水代を気にせずおいしい水が飲める
・高機能なウォーターサーバーが多い
・温水や冷水に加え、常温水も注水できる
・ひとり暮らしでも設置しやすい

水道直結型ウォーターサーバーの利用者は、「機能性」「ランニングコスト」「設置の気軽さ」に魅力を感じて設置を決めている方が目立ちます。

定額で使い放題なのは、水道直結型ウォーターサーバー最大のメリットです。

悪い口コミ・評判

悪い口コミ・評判

・水消費量が少ないと宅配注文型よりも割高
・天然水と比べると味は劣る
・工事が必要になる

使用してもしなくても一定の金額が発生すること、そして、設置には工事が必要になることが水道直結型ウォーターサーバーのデメリットです。

また、天然水やミネラルウォーターが好きな人が、水道直結型ウォーターサーバーを設置すると、水のおいしさに満足できないことがあります。

これはRO水であっても同様です。

「RO水」について詳しく知りたいときに合わせて読みたい

RO水と天然水の違いを徹底解説!どっちのウォーターサーバーがいい?

ウォーターサーバーの水には、「RO水」と「天然水」の2種類があります。この記事では、RO水と天然水の違いについて比較を交えて解説しています。また、RO水ウォーターサーバーの選ぶポイントもまとめまています。

宅配注文型ウォーターサーバーと比較

メリットが多い水道直結型ウォーターサーバーですが、実際に宅配注文型ウォーターサーバーと比較した際、どのような違いがあるのかを以下にまとめました。

水道直結型 宅配注文型
料金項目 ・サーバーレンタル代 ・サーバーレンタル代・水代・サービス料(メーカーによる)・配送料(エリアによる)
デザイン ・コンパクト&スリム シンプル~おしゃれまでさまざま
水の種類 ・浄水・RO水 ・天然水・RO水
メリット ・定額制で費用を抑えられる・水ボトルの交換が不要・ゴミ画でない・高性能な浄水カートリッジを搭載 ・コンセントがあれば使える・天然水が飲める・使わない時は費用を抑えられる
デメリット ・天然水と比べると味は劣る・設置工事が必要・設置場所に制限がある ・水ボトルの交換が面倒・水ボトルが部屋のスペースを圧迫する・ゴミ捨てや回収待ちをする

水道直結型と宅配注文型は、それぞれにメリット・デメリットがあります。

上記の比較表を見て頂くと分かる通り、水道直結型は「利便性を重視する人向け」、宅配注文型は「水にこだわりがある人向け」です。

費用等の理由で宅配注文型から水道直結型に乗り換えを検討する方は、一度、浄水器で浄水された水を試してみるのが良いかと思います。

メーカーによってはショップを設けているので、足を運んでみるのもおすすめです。

「ウォーターサーバーの月々の値段はいくら?」について詳しく知りたいときに合わせて読みたい

ウォーターサーバーの値段は月々いくら?世帯人数ごとの月額費用を比較!

ウォーターサーバーを検討し始めると、まず気になるのが「値段」です。ウォーターサーバーを導入すると月々いくらくらい費用がかかるのか?世帯人数ごとの月額費用を徹底解説しています。

ウォーターサーバーを購入するのはお得?

ウォーターサーバーはレンタル契約するのが一般的です。

しかし、一部のメーカーではレンタルプランと買取プランの両方があります。

ここでは、買取プランについて見ていきます。

料金で比較

買取プランを提供しているウォーターサーバーメーカーは少ないです。

大手メーカーだと、この記事で紹介したエブリィフレシャスとグループメーカーである「フレシャス」が買取プランを実施していることで有名です。

以下に、フレシャス「dewo」とエブリィフレシャス「トール」で、レンタルプランと購入プラン、それぞれの月々の料金を比較しました。

<エブリフレシャス >

プラン レンタルプラン 購入プラン(一括) 購入プラン(分割)
プラン レンタルプラン 購入プラン(一括) 購入プラン(一括)
レンタル代・分割 550円 (47,300円) 1,250円(×36回)
水代 4,992円 4,056円 4,056円
電気代 約330円~ 約330円~ 約330円~
合計 5,872円 4,386円 5,636円

※価格はすべて税込

<フレシャス >

プラン レンタルプラン バリュープラン(買取)
レンタル代・分割 3,300円 2,860円(×60回)
水代
電気代 約360円~ 約360円~
合計 3,660円 3,220円

※価格はすべて税込

水道直結型・宅配注文型を問わず、レンタルプランよりも本体買取プランの方が大幅に安くなります。

月々の料金を見ると数百円の差です。

しかし、1年間のコストを計算すると印象が大きく変わります。

例えば、エブリィフレシャスのレンタルプランとバリュープランでは、年間5,280円の差です。

本体代金を支払い終えれば、水道代と電気代、6ヶ月に一度のカートリッジ代の税込3,300円(5年間はカートリッジ代無料)で利用できます。

ウォーターサーバーは、長期間使用することが前提の家電です。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    将来的なコストを考えると、本体買取プランは非常にお得と言えます。

参考水道水ウォーターサーバー(浄水型)のおすすめ比較

サービスで比較

レンタルプランと購入プランの料金では、購入プランの方がお得だと分かりました。

ここでは、サービス面で比較していきます。

故障には修理代が掛かるようになる

購入プランは、家電を購入するのと同じです。

レンタルプランは解約するまで故障・破損のサポートが受けられますが、購入プランは本体の保証期間が切れた後に故障・破損した場合は有料での修理となります。

レンタルプランにある本体交換を依頼することも不可です。

ウォーターサーバーが不要になった際には、自分で処分する手間もかかります。

契約期間=本体代金支払い期間です。

ウォーターサーバーの購入プランのポイント

ウォーターサーバーの購入プランのポイント

レンタルするより購入プランの方が安いのは確かなので、気に入ったメーカーのウォーターサーバーを長期間使用する方は、購入プランにデメリットを感じることはないかと思います。

ウォーターサーバーに関するアンケート

「ウォーターサーバーを選ぶポイントはどこですか?」

回答 投票数
ランニングコスト 54人
機能性 29人
お水の種類(天然水・RO水・水道直結) 27人
デザイン 17人
ボトルのタイプ 13人
わからない 4人

出典:暮らしと水|【徹底比較】水道直結型のおすすめウォーターサーバーを比較紹介!

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    ウォーターサーバーは、年間数万円〜10万円以上も費用がかかります。

ランニングコストを重視して選ぶ方が多いようです。

水道直結型ウォーターサーバーは、ランニングコストを抑えるのに適しています。

サーバーレンタル代だけで契約可能です。

水を多く消費すればするほどお得になります。

宅配注文型ウォーターサーバーを検討している方は、水代だけで利用できるメーカーの中から、省エネ性能に優れた機種を選ぶのが良いでしょう。

「ウォーターサーバーを使ってみて良かったと思うことは?」

回答 投票数
冷水・温水がすぐに出せるのが便利 250票
キレイで美味しい水が飲める 53票
赤ちゃんのミルクや離乳食づくりに便利 43票
その他 54票

出典:CUSTOM LIFE|【400人アンケート】ウォーターサーバーの良い口コミ・悪い口コミをご紹介!

ウォーターサーバーを設置する人は、「利便性」「水へのこだわり」「生活の質アップ」ができることにメリットを感じている人が多い他、赤ちゃんのミルクづくりや離乳食づくりの時短を図る目的で設置したご家庭も少なくないです。

ウォーターサーバーの基本機能である温水・冷水の注水機能は、飲み物や料理、赤ちゃんのミルク、急な来客への対応にも役立ちます。

「ウォーターサーバーのデメリットは?」

回答 投票数
ボトル交換が大変 44.2%
設置スペースを取られる 42.8%
コストが思っていた以上にかかった 38.9%
購入ノルマがあり水が余ってしまう 27.9%
メンテナンスが面倒 20.3%

出典:ミズラボ|ウォーターサーバーの後悔口コミあり!1000人アンケートでわかったメリットデメリット

アンケートを見てみると、ウォーターサーバー利用者は「水ボトルの交換」「設置スペースの圧迫」、「コストがかかる」ことにデメリットを感じているようです。

水ボトルの交換や設置スペースに関しては、コンパクトサイズの水道直結型ウォーターサーバーを利用することで大幅に改善できます。

水の交換作業や水ボトルをストックするスペースも不要です。

コスト面に関しては、コストパフォーマンスが高いメーカーを選ぶことで解決できます。

ウォーターサーバーの料金項目は以下の通りです。

ウォーターサーバーの料金項目

・サーバーレンタル代
・水代
・サービス料
・メンテナンス料
・配送料
・電気代

宅配注文型ウォーターサーバーは、水使用量を最低限に抑えても5,000円程はかかります。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    コスト面を気にする方は、水道直結型ウォーターサーバーがおすすめです。

    3,000~4,000円程の定額プランで利用できます。

「ウォーターサーバーを後悔した・やめた理由」について詳しく知りたいときに合わせて読みたい

ウォーターサーバーをやめた理由は?契約後に後悔しないための選び方を徹底解説!

この記事では、ウォーターサーバーをやめた理由と合わせて、契約後に後悔しないためのウォーターサーバーの選び方をご紹介します。ウォーターサーバーをやめた理由や利用者が後悔したポイントを知ることで、契約時にどのようなところをチェックすべきかが分かります。

水道直結型ウォーターサーバーに関するよくある質問

Q)おすすめのメーカーはどこ?

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    おすすめのメーカーは「エブリィフレシャス」です。

他社のフラッグシップモデルと同等の高性能なウォーターサーバーを定額3,300円(税込)で利用できます。

初月無料で利用できるのもポイントが高いです。

グループメーカーのフレシャスでおしゃれと人気の「dewo」をアレンジしたウォーターサーバーということもあり、シンプルながらデザイン性が高く、インテリアにも馴染みます。

Q)購入プランを利用するリスクは?

購入プランは、レンタルプランよりもコストが抑えられる点で優れています。

分割払いが完了すれば水道代と半年に一度のカートリッジ代だけで利用可能です。

しかし、本体保証期間を過ぎてからの破損・故障は有償での修理となります。

分割で支払い中に解約した場合、残額を一括返済しなければならないのもリスクです。

  • デイリー暮らしのエージェント編集部

    購入プランは長期使用が前提のプランと言えます。

Q)水道直結型のデメリットは?

水道直結型のデメリットは以下の通りです。

デメリット

・設置工事が必要
・設置場所に制限がある
・天然水よりも味が劣る
・使用量が少ない時は割高になる

定額制で人気の水道直結型ウォーターサーバーですが、設置には手間がかかります。

また、使用しない月があっても一定の料金がかかるのもデメリットです。

宅配注文型ウォーターサーバーは、水の配送を休止することで料金を抑えられます。

Q)業務用としてウォーターサーバーを利用することはできる?

メーカーによっては、業務用のプランや機種が提供されています。

当記事で紹介したメーカーだと、ウォータースタンドが業務用のウォーターサーバーとして「ナノスタンド」「ROスタンド」をレンタルプランで提供しているので、オフィスへの設置をはじめ、大人数での使用が想定される場所に設置する際におすすめです。

シリーズ ナノ「ナノスタンド」 プレミアム「ROスタンド」
月額料金(税込) 3,300円 ・冷水 / 常温水 / 温水モデル:8,250円
・冷水 / 常温水モデル:7,700円
初期費用(税込) 初回設置費:9,900円 初回設置費:9,900円
カラー ホワイト ホワイト
サイズ H1,235mm×W324mm×D310mm H1,257mm×W310mm×D490mm
注水温度 常温水 ・温水:85~93℃
・冷水:5~8℃・常温水

出典:ウォータースタンド

Q)水道直結型ウォーターサーバーがおすすめの人は?

水道直結型ウォーターサーバーがおすすめな人

・天然水にこだわりがない人
・水使用量は多いけれど、水代は抑えたい人
・水交換や受取といった作業が面倒に感じる人

Q)水道直結型ウォーターサーバーの選び方は?

水道直結型ウォーターサーバーを選ぶポイント

・コストパフォーマンスが高いか
・設置スペースに置けるか
・手入れや浄水カートリッジの交換が簡単か
・利用期間によってお得になるか
・サービスやサポートはしっかりしているか

参考水道水ウォーターサーバーの口コミ・評判

まとめ

水道直結型ウォーターサーバーについて比較を交えて解説しました。

水道直結型ウォーターサーバーは、消費量に関わらず定額で利用できます。

設置工事が必要になるものの、宅配注文型ウォーターサーバーのように、消費量で料金が変動することがないので気軽に利用できるのがメリットです。

これからウォーターサーバーの設置を検討している方は、宅配注文型と水道直結型の両方を試してみてから決めることをおすすめします。

特に天然水にこだわりがない方や水消費量が多いご家庭は、水道直結型ウォーターサーバーに大きなメリットを感じられるはずです。

page top