文字サイズ

【POG】ウマ娘・藤田晋氏所有のフェイトがV 福永「クラシックに乗っていける」

 後続を突き放すフェイト(右端)
 デビュー戦を勝利したフェイトと福永
 後続を突き放したフェイト
3枚

 「2歳新馬」(6日、新潟)

 素質馬がそろった芝1800メートルの一戦は、『ウマ娘』でおなじみのサイバーエージェント社長・藤田晋氏が、昨年の1歳セレクトセールで1億7600万円(税込み)で競り落とした1番人気フェイト(牡、栗東・矢作)が、単勝1・5倍の圧倒的な支持に応えて完勝発進。5番手追走から直線は馬場の真ん中を楽な手応えで抜け出し、1分48秒1のタイムで2着の6番人気ノエマに5馬身差をつけた。

 父は同じく矢作厩舎でドバイターフを制したリアルスティール。伯母サロミナは独オークスの勝ち馬、いとこに有馬記念2着のサラキアや朝日杯FSの勝ち馬サリオスがいる血統。父の背中も知る福永祐一騎手は「駐立は悪かったけど、うまく出てくれた。いいところで競馬ができたし、追ってからもしっかり伸びてくれた。いい内容だったね。お父さんにはあまり似てないかな。向こうは気が入りやすかったけど、こっちはおとなしいし、性格もいいので距離を持たせやすい」と能力を絶賛。続けて「まだトモが甘いので成長曲線は早い方じゃないけど、素質の高さは見せてくれた。じっくり育てていけば、クラシックに乗っていけると思う」と将来を見据えた。

 さらに1馬身差の3着には4番人気のコスモバラタが入った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス