文字サイズ

【ラジオNIKKEI賞】サクラトゥジュール好感触 血の底力発揮だ

 「ラジオNIKKEI賞・G3」(5日、福島)

 夏の福島開幕週を飾る重賞に、素質馬2頭を送り出す堀厩舎。デビューから無傷3連勝での重賞Vを狙うグレイトオーサーは1日、レーンを背に美浦Wでの単走追いで素軽い走りを披露。時計的にはやや控えめだったものの、フットワークの良さは目を引いた。また、サクラトゥジュールも同じく美浦Wで軽快な動きを見せた。栗東では連勝中のルリアンが、坂路で躍動感にあふれる走り。まだ底を見せていないだけに、初の重賞挑戦でも怖い存在になりそうだ。

 5月の東京で2勝目を挙げたサクラトゥジュールは、美浦Wで追われて5F68秒3-39秒9-12秒6をマークした。難しいところがあるだけに、単走で馬の気持ちを重視した内容。森助手は「動きは良かったと思います」と好感触を伝える。

 ここまでキャリアは6戦。1勝クラスで3度2着に敗れたが、ひいらぎ賞の勝ち馬スマイルカナは桜花賞3着、3走前の勝ち馬ウインカーネリアンは皐月賞で4着と、ハイレベルな相手に好戦を演じてきた。また、前走の東京芝マイルを1分31秒7の好タイムで完勝したように、秘める能力は相当なモノだ。

 「2勝目を挙げるまでに時間はかかりましたが、強い相手と戦ってきたので。このメンバーに入っても通用していいと思います」と同助手も素質の高さを買っている。また、初となる福島コースについても「小回りも大丈夫でしょう」と問題視していなかった。

 近親には88年ダービーVのサクラチヨノオーがおり、奥の深さを感じる血統だ。大きな舞台で血の底力を発揮できれば、重賞初挑戦即Vも夢ではないだろう。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス