文字サイズ

胃がん手術の赤松、元日トレで完全復活目指す「反応が徐々に良くなってきていると思う」 

 広島・赤松真人外野手(36)が30日、来年も母校・立命大で恒例の“元日トレ”を行うと明かした。胃がんの手術から実戦復帰した今季は、2軍で失敗なしの5盗塁を記録。盗塁企図数に物足りなさを残したというが、夏場以降は筋力が戻り、来季への確かな手応えもつかんだ。通算136盗塁を誇る足のスペシャリストが、完全復活を目指す。

 晴れ晴れとした顔つきが、体調の良さを物語っている。このオフ、赤松はほぼ無休で汗を流している。「去年より全然いい。この時期は速い真っすぐが打てなかったから。目をつぶったら空振りですけど(笑)。それぐらい打てるし、走れる」と明るい表情で話す。

 今季は2軍で5盗塁を決めたが、「けん制アウトがあったし、数も少ない。もうちょっとトライしてもよかった」と不満顔だ。瞬発系の筋力が戻らず、まだまだ本来には程遠かったという。

 だが、夏場以降に筋力が戻り、「自分でも良い感じでスタートを切れたと実感できている。反応が徐々に良くなってきていると思う」と、早くも来季を心待ちにしている。

 胃がん手術からの完全復活を期した今季は大きな注目を集めた。「ちょっとしたリップサービスもあった」とカムバック賞を目標に掲げたが、来季は本気モードだ。「今年より動けるという自分があったので、契約もしていただいた。あとは結果を出す。結果にこだわっていく」と言い切った。

 年明けは母校・立命大で自主トレをスタートさせる。大学の後輩である楽天ドラフト1位の辰己も参加予定という。足のスペシャリストが完全復活へ向け、全力で駆ける。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス