文字サイズ

羽生結弦、さすがの人気で“親友”プーさん乱れ飛んだ!

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 ショートプログラム(SP)が行われ、前回2014年ソチ五輪の金メダリストで昨季の世界選手権覇者、羽生結弦(23)=ANA=が自身の世界歴代最高点に1・04点と迫る111・68点をたたき出し、圧巻の首位発進を決めた。右足首の負傷を経て118日ぶりの復帰戦で、ほぼ完璧な演技を披露。66年ぶりの連覇に向け、強い決意で17日のフリーに臨む。

 羽生の演技後にはぬいぐるみの「くまのプーさん」が大量にリンクに投げ込まれた。フィギュアスケートの選手が常備するティッシュケースがプーさんだったことから、ファンがいつしか投げ込むようになったもの。

 羽生によると、今回は商標の関係で自重しショートケーキ形のケースを使用しているが、プーさんはホテルの部屋に置いて「行ってくるよ」と頭を触って出掛けているという。「彼も応援してくれたと思う」と“親友”も会心の演技を支えたようだ。ファンからのぬいぐるみは「平昌、江陵の方に寄付する」と話した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    五輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス