文字サイズ

羽生の神髄“3回転半”一番の武器でフリーへ 驚異の最高加点生んだ

 「平昌五輪・フィギュアスケート男子・SP」(16日、江陵アイスアリーナ)

 ショートプログラム(SP)が行われ、前回2014年ソチ五輪の金メダリストで昨季の世界選手権覇者、羽生結弦(23)=ANA=が自身の世界歴代最高点に1・04点と迫る111・68点をたたき出し、圧巻の首位発進を決めた。右足首の負傷を経て118日ぶりの復帰戦で、ほぼ完璧な演技を披露。66年ぶりの連覇に向け、強い決意で17日のフリーに臨む。

 世界一美しいと称されるのが羽生のトリプルアクセル(3回転半)だ。アクセルは6種類のジャンプのうち唯一前向きに踏み切るため恐怖心を抱く選手も少なくないが、羽生にとっては絶対的な“相棒”。今大会でも上限の3・00点という驚異の加点を引き出した。

 「アクセルは大好きで大事なジャンプ。小さいときは1時間のレッスン中45分をアクセルに費やすくらいだった」と羽生。小2から指導した都築章一郎コーチは、かつて世界選手権3位の佐野稔氏を指導した経験から、ダブルアクセルはトリプルアクセルにつながる技として高い要求をしたという。「平均台の上で回りながら平均台の上に落ちていく感じ。ダブルアクセルをしっかり教えないと、と考えていた」と振り返った。

 そしていつしか羽生自身が「一番の武器」と言い切る唯一無二の存在になった。以前、羽生は「僕がここまでスケートを好きになってこられたのはアクセルのおかげ。アクセルがなかったら、こんなに自信を持ってスケートをすることもできなかったかもしれない」と話している。

 都築氏自身も羽生のトリプルアクセルにほれ込む。「1つの弧線から跳んで、その延長線上に降りてくる流れがきれい。3回転半したとかそういうことじゃなくて、流れにある美しさが人と比べても大きな武器になっている」と絶賛した。

 韓国入り後初めて臨んだ公式練習、1回転ジャンプが続く中で最初に見せた大技もトリプルアクセルだった。もはや羽生の神髄。絶対的な武器を携え勝負のフリーへ臨む。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    五輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    デイリーおすすめアイテム

    注目トピックス