文字サイズ

塚原夫妻が“月面宙返り”「宮川選手に直接謝罪を」パワハラ認定は第三者委に委ねる

 体操女子リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江(18)からパワーハラスメントの告発を受けた日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)が2日、代理人弁護士を通じ「宮川選手に直接謝罪させていただきたい」との意向を示した上で、一連の問題に対する対応を謝罪した。ただ、パワハラの有無については、日本協会が立ち上げる第三者委員会の判断に委ね、それぞれの進退については言及しなかった。

 かつての光男氏の代名詞“月面宙返り”のように、騒動はこれでうまく“着地”できるだろうか。

 夫妻は直筆署名を入れた文面で「宮川選手を傷つけ、誤解を与え、恐怖心を抱かせ、不信感、不快感を与えてしまったのであれば、全ては私たちの責任であり、本当に申し訳なく思っております」などと、これまでの対応を全面的に謝罪。「機会をいただけるのであれば、宮川選手に対して直接謝罪させていただきたい」と、宮川との面会を希望した。宮川側の代理人弁護士は「本人の意向を確認する」と、話すにとどめた。

 夫妻は8月31日の文書では一部謝罪した一方で、千恵子氏が言ったという「五輪に出られなくなるわよ」という言葉は、直近の成績やけがのためで「脅すためではない」など、告発内容をほぼ否定。また、一部メディアを通じた光男氏の「全部うそ」、千恵子氏の「黙ってないわ」などの感情的な反論が、世間から批判を浴びていた。

 その点についても「今回の報道は過程はどうであれ、私たちの落ち度が原因」と反省。「私たちの感情に任せた自分勝手な発言等により、宮川選手やご家族に対して、恐怖心や不快感を与えてしまい、本当に申し訳なく思っております」と、“平謝り”した。

 夫妻はこの日まで都内で合宿を行っていた他の世界選手権代表候補や、国民にも謝罪。ただ、パワハラの有無については「第三者委員会の調査活動に全面的に協力し、その判断を待ちたい」とし、進退については触れなかった。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      スポーツ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(スポーツ)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス