文字サイズ

【北日本地区】坂本貴史

1枚拡大

北日本屈指の機動型・坂本貴史(29)=青森・94期・S1=が躍動する。グレードレースでも通用する能力を秘めている。昨年はゴールデンウイークに行われたG1最高峰の日本選手権(平塚)3日目に白星をマーク。10月の寛仁親王牌(前橋)では2日目、最終日に勝利を挙げるなど、G1戦線でもその名をアピールした。

G3では7月の弥彦記念で決勝に進出。また、10月に松戸で代替開催された千葉記念では2次予選、準決勝と鮮やかなまくりを決めて連勝。ファイナルに駒を進めた。先行してもしぶといが、とりわけ、まくりの破壊力には目を見張るものがある。

飛躍を期す2019年。モチベーションは高まっている。「去年はいいところもありましたが、取り逃したレースもあった。今年は全体をレベルアップして、成績の波をなくしていければと思います。年間を通して、しっかりと戦えるようにしたい」。そう語る瞳には強い意思が宿っている。

 高い素質の持ち主だけに、今シリーズも台頭する可能性は十分考えられる。伏見俊昭(福島)ら強力なマーク陣と好連係を決めて、開催を盛り上げそうだ。

注目選手

松阪競輪イベントガイド

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    松阪競輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス