文字サイズ

【関東地区】武田豊樹

1枚拡大

G1優勝7回の実績を誇るベテランが存在感を見せつける。2019年もS級S班として戦う武田豊樹(45)=茨城・88期・SS=が熟練の走りでファンを魅了しそうだ。

昨年はG1のタイトルこそ獲得できなかったが、3月に松山で行われたG2・ウィナーズカップを制した。決勝は平原康多(埼玉)と連結を外すシーンもあったが、懸命に追い上げて最後は差し切った。ここ一番での勝負強さを改めてアピールした。

下半期のG1戦線ではオールスター競輪(平)、寛仁親王牌(前橋)、競輪祭(小倉)と落車が続き、満足のいくレースができなかった。それでも困難に屈することなく、S級S班の意地を見せてグランプリ参戦を果たした。

現在はマーク戦が主体となるが、メンバー構成によってはラインの先頭で自力を発揮するケースもある。40代半ばとなってもタテ脚は健在だ。

来月にはG1・全日本選抜(2月8~11日・別府)が控えている。いい流れで今年最初のビッグレースを迎えるためにも、今シリーズで好結果を残したいところ。関東の総大将としての矜持を胸に、冬の松阪バンクを疾走する。

注目選手

松阪競輪イベントガイド

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    松阪競輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス