文字サイズ

【南関地区】渡辺雄太

1枚拡大

南関の若武者・渡辺雄太(24)=静岡・105期・S1=がグングン力を付けている。昨年は5月名古屋でG3初優勝。12月には地元伊東で2回目のG3優勝を達成と、一気にステップアップした。

「昨年はG3を2回優勝できて良かった。でも名古屋は簗田(一輝)君。伊東は郡司(浩平)さんの番手での優勝だった。今年は自力でG3の優勝を獲れるように頑張りたい」と気合を入れている。

今大会に向けてモチベーションも上がっている。日本選手権選考用ランキングは28位(8日現在)。勝ち上がりに有利な特選シード権利(獲得賞金ランキング27位)まであと一歩のところまで来ている。「G1の特選シードはまだ走ったことがない。ここまで来たら特選からスタートしたい。松阪記念が賞金を上積みするラストチャンスだし、力が入ります」と意気込みを語る。

松阪バンクは3回目の登場だが、過去2回はしっかり決勝に進んでいるだけにバンク相性は悪くない。今開催は斉藤竜也、東龍之介、林雄一(ともに神奈川)、伊勢崎彰大(千葉)と実績ある追い込み陣が援護役になりそうだ。しっかり風を切って、記念3回目の優勝を目指す渡辺から目が離せない。

注目選手

松阪競輪イベントガイド

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    松阪競輪最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス