文字サイズ

【松阪G3】主役はグランプリV2の浅井康太 初日特選からシビアにさばく

今シリーズの主役はグランプリV2の浅井康太だ
1枚拡大

 「蒲生氏郷杯王座競輪・G3」(24日開幕、松阪)

 松阪競輪の開設記念シリーズが24日に開幕。当初は5人出場予定だったS級S班勢だが、三谷竜生(奈良)と清水裕友(山口)が欠場。それでも、競輪界を代表する選手が集結し、27日まで4日間にわたって熱戦を展開する。初日のメインは12R特選「松阪牛賞」。準地元の浅井康太(34)=三重・90期・SS=が、柴崎淳(三重)任せからシビアにさばいて決着をつけるとみた。ただ、渡辺雄太(静岡)に山田英明(佐賀)が襲いかかって、激戦ムードが漂う。そのほかでは井上昌己(長崎)、竹内雄作(岐阜)、佐々木豪(愛媛)、池田憲昭(香川)、山本伸一(京都)らが優勝戦線を盛り上げる。

注目選手

松阪競輪イベントガイド

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス