文字サイズ

【競馬】88年ダービーで勇姿を見せたあの馬

 おませな中学時代を過ごした私が、初めてブラウン管越しに見たダービーは87年。メリーナイスがあっと驚く圧勝劇を演じ、完全に軽視していた私は開いた口がふさがりませんでした。あの時の根本康広騎手のガッツポーズ、派手でしたね~。のちの藤田菜七子騎手の師匠です。

 今年のダービー。木曜に枠順が発表されましたが、逃げると目されているバスラットレオンがまさかの大外枠に-。宮内助手に枠順を告げると「やることは決まっていますからね。中途半端な外枠よりも、ここならかえって腹をくくれます。前向きに考えますよ」とプラス思考でした。

 この時にふと思い出したのが「アドバンスモア」です。サクラチヨノオーとメジロアルダンが火花散る追い比べを演じた88年ダービーで、誰が見ても短距離向きのこの馬が大外枠から果敢にハナへ。結果は予想通りの大沈没(ちなみに24頭立ての24番人気、24着でした)。それでも、あれから30年以上経った今でも、あの勇姿を鮮明に覚えているのだから、彼の挑戦は決して愚弄されるものではなかったと私は思います。

 時代は移り変わり、今では昭和の“テレビ馬”は存在価値がなくなり、完全に絶滅しました。それでも、競馬というスポーツは、いつの時代にも個性派が不可欠。勝った負けたは時の運ですが、出走各馬が与えられた舞台で存分に持ち味を生かし、輝きを放つことがファンの胸に響くものです。

 ネットで検索すると“究極のテレビ馬”というワードがヒットしたアドバンスモア号ですが、私は胸を張って後輩記者に紹介しました。20歳以上も年下の彼でも、88年ダービーのVTRを見て、そのけれん味のない逃げの姿に感激していました。興味を持たれた方はぜひご覧下さい。そして、好メンバーがそろった今年のダービーで、出走17頭が悔いのない熱戦を繰り広げることを心から願っています。(デイリースポーツ・松浦孝司)

関連ニュース

    >

    編集者のオススメ記事

    オピニオンD最新ニュース

    もっとみる

    ランキング

    主要ニュース

    リアルタイムランキング

    写真

    話題の写真ランキング

    注目トピックス