文字サイズ

【ボート】石野貴之が1周2M差しでオール大阪10回目の優勝 今年最初のレースで貫禄を示した

 「全大阪王将戦」(7日、住之江)

 2号艇の石野貴之(39)=大阪・90期・A1=が、1周2Mで先行する上田龍星を差し切って逆転勝利。通算では62回目、今年初Vをオール大阪V10で飾った。上田は猛追及ばず2着。3着には渡辺雄一郎が続いた。

 1周1Mはオール大阪初Vを狙う上田がイン先マイで先頭に躍り出たが、石野が勝機を逃さなかった。決戦を前に整備を敢行。「乗り心地に違和感があったので、リングを替えてすごく良くなった」と足落ちすることなく、67号機はさらに本格化。1周2Mでは剛腕を繰り出し、上田の懐を鋭く差し抜いた。あとは猛追をあっさり退けトップを独走。歓喜のVゴールへ先頭で駆け抜けた。

 「去年、おととしとふがいなかったので、もう少し成長できるように頑張って行きます」と、19年のグランプリ覇者は、完全復活へ闘争心を奮い立たせる。今年の石野の激闘はまだ始まったばかりだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス