文字サイズ

【ボート】若狭奈美子がデビュー13年半で悲願の初優勝 家族と仲間が祝福

デビュー13年半、地元で初優勝を飾った若狭奈美子
初優勝を祝う恒例の水神祭で仲間に水面に投げ入れられる若狭奈美子
若狭奈美子の初優勝を祝って水面に飛び込んだ選手たち
3枚3枚

 「ヴィーナスシリーズ第2戦 第9回クラリスカップ」(16日・児島)

 5月11日に開幕した児島ボートのヴィーナスシリーズ第2戦で若狭奈美子(30)=岡山・97期・A2=がデビュー13年半にして初優勝を飾った。予選トップでシリーズをリードし、準優勝戦では、新級別での女子勝率1位に輝いた小野生奈(30)=福岡・102期・A1=の攻めを封じ込めて逃げ切り。人気を背負った優勝戦でも完璧な逃げを決めた。地元で初、通算でも8回目の優出でのVゴールとなり、地元ファンが拍手で迎えた。2着には樋口由加里(31)が続いて地元・岡山勢でのワンツー決着。さらに若狭と同期の原田佑実(31)が混戦をさばいて2周1Mで3番手に浮上し、同期の初Vに花を添えた。

 2005年11月のデビューで、13年6カ月目で、悲願の初優勝となった若狭は「準優前にはプレッシャーがすご過ぎて泣いてしまった。優勝戦も緊張したけど、Sに集中して先に回ろうという気持ちで行った。遅かったけど、諦めなくて良かった」と涙をこらえて喜びをかみしめた。昨年末の平和島・クイーンズクライマックスシリーズでも、優勝戦1号艇だったが、塩崎桐加(27)=三重・105期・A1=にまくられて2着。「平和島ではいいプレッシャーを経験できた。リベンジすると決めていた」と実績機を引いた今節は強い決意で臨み、最後まで集中力を保って頂点を極めた。

 表彰式ではイベントホールに駆け付けたファンから祝福を受け、ピットでは仲間たちから水神祭の祝福。恒例の水面へのドボンを怖がる若狭はレース時同様にカポックを着用。「キャー、こわい」と暴れる若狭を女子選手たちが容赦なく水面へ投げ入れた。その後は次々と選手たちが水面へ飛び込み、遠藤エミ(31)、守屋美穂(30)らスター選手を交えた異例の13人による大水神祭。児島水面が女子会の温泉地に見える光景が繰り広げられた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス