文字サイズ

【宝塚記念】レーン圧巻V締め リスグラシュー牡馬ナデ斬り!史上4頭目の牝馬制覇

 リスグラシューの背で派手なガッツポーズを見せるレーン(撮影・石湯恒介)
1枚拡大

 「宝塚記念・G1」(23日、阪神)

 令和最初のドリームレースを制したのは、3番人気に推された紅一点リスグラシュー。この春、旋風を巻き起こしたダミアン・レーン騎手(25)=豪州=の手綱がさえ渡り、2番手追走から直線鮮やかに抜け出して、史上4頭目の牝馬Vを決めた。これで昨年のエリザベス女王杯に続き、2つ目のG1タイトルを奪取。今後は海外遠征を視野にさらなる飛躍を目指す。1番人気のキセキが2着、6番人気のスワーヴリチャードが3着に入った。

 最後もレーンが“マジック”を魅せた。大外から好発を決めたリスグラシューが、最内から主張したキセキのハナを叩きに行く。1角でギアを下げ、ハナは譲ったものの、「まさか、誰も2番手に行くとは思わなかったと思う」と矢作師も驚く大胆騎乗。結果、このポジショニングが勝負の分かれ目となった。

 前半5Fの通過が60秒ジャスト。直線は前を行くキセキを上回る手応えで先頭へ。後続の蹄音も聞こえぬまま“紅一点”が強豪牡馬を力でねじ伏せ、圧勝劇を演じた。殊勲の鞍上は「非常にいいスタートを切ったので先頭に行くか迷いましたが、ペースや展開を考えて(2番手と)判断。直線はキセキを見ながら。最後の100メートルぐらいで勝利を確信しました」と会心の騎乗に笑みを浮かべた。

 矢作師はグランプリ初制覇。「初制覇というよりも、出走するのが初めて。ファン投票というレースに自分は重みを感じる調教師。うれしいですね」。通算7度目のG1制覇は格別の喜びだ。「調教師としてというよりも、競馬を見ている一人として感動しました」と声を詰まらせた。

 5歳夏に2つ目のG1タイトルを奪取。香港遠征が女王を強くした。師が力説する。「2回経験したことで、馬が非常に力強くなっていましたね。よく“海外帰りは良くない”と言われるけど、逆に糧になっていると思いました」。メンタル面の強化がパフォーマンスの質を大きく上げた。

 今後は3度目の海外挑戦を見据える。「BCフィリー&メアターフ(米G1・11月2日・サンタアニタ)を考えていたけど、この強さを見たらBCターフでもいいかな。あと、コックスプレート(豪G1・10月26日・ムーニーバレー)の招待も来ている。いずれにしても海外に挑戦すると思います」と力強く宣言した。

 約2カ月間で37勝を挙げたレーンだが、JRAでの短期免許騎乗はこれでひと区切り。「本当に素晴らしい時間を過ごすことができてうれしい。日本が大好きになりました」。最後は日本語でファンへ向けて「アリガトウゴザイマス。マタキマス!」。強烈なインパクトを残した豪州の若武者が、鮮やかに上半期を締めくくった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス