文字サイズ

【宝塚記念】キセキ銀 2戦連続&G1・3度目…川田「勝った馬が強かった」

 「宝塚記念・G1」(23日、阪神)

 自分を信じて堂々と立ち向かった。1番人気。熱い支持に応えたい。その思いを乗せて主導権を握ったキセキは、2200メートルを精いっぱい走り切った。だが…先頭でゴールを切ることは、またしてもかなわなかった。力を示した2着。結果だけがついてこなかった。

 「自分の競馬はできました。3着以下は抑えましたが、勝った馬が強かったです。返し馬でもファンの方々の期待を感じましたが、結果を出せずに申し訳ありませんでした」。前走の大阪杯に続いて通算3度目となるG1銀メダル。悔しさを胸にしまい、川田は勝者をたたえた。

 ダッシュは決して良くなかった。「最近どうも(ゲートの)出が良くないし、器用なタイプではありませんからね。内枠だったので行きましたが、そんなことがあって強いメンバー相手に2着。よく頑張っていると思います」と角居師は、愛馬の走りをねぎらった。

 登録のある凱旋門賞・仏G1(10月6日・パリロンシャン)挑戦は「この結果を見てオーナーと相談します」とした師。既に参戦を表明している、ダービーウイナーの僚馬ロジャーバローズとともに海を渡るのか。その動向に注目したい。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス