文字サイズ

【宝塚記念】「レーンすごい」ノーザンF吉田勝己代表が手綱さばき絶賛

 父のマイケル・レーン調教師(右)と記念写真に収まるダミアン・レーン
1枚拡大

 「宝塚記念・G1」(23日、阪神)

 令和最初のドリームレースを制したのは、3番人気に推された紅一点リスグラシュー。この春、旋風を巻き起こしたダミアン・レーン騎手(25)=豪州=の手綱がさえ渡り、2番手追走から直線鮮やかに抜け出して、史上4頭目の牝馬Vを決めた。これで昨年のエリザベス女王杯に続き、2つ目のG1タイトルを奪取。今後は海外遠征を視野にさらなる飛躍を目指す。

 生産牧場のノーザンファームは、宝塚記念“5連覇”(通算7勝目)を決めた。吉田勝己代表(70)は「強かったね。もともと強い馬だと思っていたが、今までで一番強い競馬をした。それにしてもレーンはすごい。思い切って(2番手に)行っちゃうんだから」と名手の手綱さばきを絶賛した。これで今春のG1は平地12戦中9勝目と大活躍。「今回も1、3、4、5着だからね」と終始、ご満悦の表情だった。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス