文字サイズ

【オークス】ラッキーライラック 3着…凱旋門賞断念 完敗に松永幹師「ないと思う」

 2着に敗れたリリーノーブル(左手前)。右奥はラッキーライラック
1枚拡大

 「オークス・G1」(20日、東京)

 一瞬で突き放された。桜花賞2着からの逆襲を期したラッキーライラックは3着。雪辱はならなかった。

 道中は好位で運び、アーモンドアイにマークされる形。直線は伸びを欠き、ライバルに並ぶ間もなくかわされ、さらには先に抜け出していたリリーノーブルにも突き放された。石橋脩は「出た位置で折り合いに専念しようと。4コーナーで振り向くと(勝ち馬の)シャドーロールが見えて…。ここにいるのかと。折り合いも我慢してくれたけど」と肩を落とす。松永幹師も「上位2頭が強かったですね」と完敗を認めた。

 1次登録していた凱旋門賞への挑戦も白紙となった。今年からオークスの1~3着馬に前哨戦のヴェルメイユ賞・仏G1(9月16日・パリロンシャン)の優先出走権、登録料、輸送補助が付与されるが、「ないと思う。1度リフレッシュして秋に巻き返したい」とトレーナー。(有)サンデーレーシング代表の吉田俊介氏も「勝っていれば盛り上がったけどね。行かないと思う」と話した。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス