文字サイズ

複数の女性からDVを訴えられたロック歌手、今度は自宅に警察が駆けつける騒ぎに

 歌手のマリリン・マンソンの自宅に警察が駆けつける事態が発生したという。最近、元婚約者であるエヴァン・レイチェル・ウッドをはじめとする複数の女性から虐待を受けたと告発されているマンソンだが、3日に数時間連絡が取れなくなったことを心配した友人が通報したことで、警察が自宅に安全を確認しにきたのだという。

 TMZによれば、警察はマンソンを自宅から呼び出すことが出来なかったというが、代理人はただ自宅から出たくなかっただけで、危険な状態にあったわけでは一切ないと発表している。

 一方で、ザ・サン紙は、「不審な」様子がうかがえたため通報されたと報じている。目撃者は「音楽はなく、大声が聞こえました。警察から数メートルのところの庭に何人か人がいましたね」とその様子を明かしている。

 そんな中、最近の騒動を受け、マンソンの元妻であるディタ・フォン・ティースがコメントを出していた。マンソンと数年間の交際を経て2005年から2006年にかけて結婚生活を送ったディタは、告発した女性たちが言うような経験をしていたら結婚などしていなかったとして、離婚の原因は不倫とドラッグだったとした。

 「月曜日に出たマリリン・マンソンに関するニュースを呑み込もうとしてきました。私の状態を気にかけてくれた皆さん、その親切心に感謝します」「公になった出来事は、7年間カップルとして私が経験したこととは異なります」「同じであったら、2005年12月に彼と結婚することはなかったでしょう。12か月後に別れたのは不倫と薬物乱用が原因でした。虐待はどのような関係においてもあってはならないものです。虐待経験のある方々は、癒しを求め、そして自分を完全に理解するための強さをつける手段を取ることをお勧めします」(BANG Media International/デイリースポーツ)

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    海外スターバックナンバー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス