文字サイズ

緒方前監督が野球教室 9月以来のユニホーム姿「楽しかった」

 「緒方孝市ベースボールクリニック」で小学生に丁寧に指導する緒方前監督=鳥栖市民球場
3枚

 広島の緒方孝市前監督が7日、佐賀県鳥栖市の鳥栖市民球場で開催された「緒方孝市ベースボールクリニック」に参加した。現役時代から続けている野球教室で、チームからも小窪、島内、平岡、桑原、坂倉、中村奨の6選手が参加し、14チーム107名に指導した。

 緒方前監督がユニホームに袖を通すのは9月30日以来だった。開始前には少年少女に「直接プロの選手に教えてもらうことはめったにないこと。これからの練習に生かしてほしい」とあいさつした。その後は外野に移動し、キャッチボールの仕方や送球フォームなどを教え、打撃練習では自らトスを上げた。

 約1時間半、熱く指導。「現役のときから20年以上も続けてこられてうれしく思う。今年でユニホームを脱ぐ節目の年になったけど、今後も続けていきたい。子どもたちには、野球を通じていろんな仲間と試合などをして、喜んだり悔しがったりとかを一緒に経験してほしい。来年、カープをテレビなどで応援してほしいし、ソフトバンクの2軍の球場は近くにある。選手に声援を送ってほしい。短い時間だったけど楽しかった」と振り返った。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス