文字サイズ

阪神3位の上武大・佐藤蓮「160キロ目指す」リーグ戦登板は4年秋からの素材型

阪神に3位指名されて笑顔を見せる上武大・佐藤蓮=上武大学(撮影・堀内翔)
3枚

 「プロ野球ドラフト会議」(26日・都内ホテル)

 阪神からドラフト3位指名を受けた佐藤蓮投手(22)=上武大=は夢の160キロをプロの舞台で投げると意気込んだ。

 会見場からグラウンドに移動した佐藤は、仲間からの「虎の顔して!」のリクエストに応え、迫力ある顔を作りカメラのフラッシュを浴びた。最速155キロ右腕は「大学時代は160キロを目指してやってきた。その目標をプロでかなえたい」と力を込めた。

 大学1年の冬に右肘を手術。懸命のリハビリと球数管理によってケガを克服し、リーグ戦登板は4年秋からとなった。一度の先発を含む7試合で防御率1・80、投球回15を上回る17奪三振を記録した。

 「1球1球に思いが強い選手が多い」と阪神のイメージを口にした佐藤。高校時代は甲子園とは無縁だっただけに「早く投げてみたい」と胸を高鳴らせた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    阪神タイガース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(阪神タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス