文字サイズ

メンドーサ、犠飛で来日初打点 DH制パでは年間数打席

2回、左犠飛を放つメンドーサ(撮影・高部洋祐)
1枚拡大

 「阪神-DeNA」(10日、甲子園球場)

 阪神のルイス・メンドーサ投手が犠飛をきっちり決め、点差を1点に縮めた。これが来日初打点となった。

 2点ビハインドで迎えた二回。1死走者なしから、大和が左翼へのライン際へ運ぶ二塁打。2試合連続の安打で、チャンスメークすると、続く坂本もこの勢いに続いた。フルカウントで迎えた6球目、高めに浮いたチェンジアップを捉えると、打球は中前へ。7番、8番で1死一、三塁のチャンスをつくった。

 ここで先発投手のメンドーサが、打席へゆっくりと入った。145キロの直球をはじき返した。左翼への犠飛となって、三走・大和が生還。2-3と1点差に迫った。

 メンドーサは、来日初打点を記録。来日4年目で、18打席目だった。DH制のパ・リーグ、日本ハム時代には年間通じても数打席しか記録しておらず、安打はない。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    タイガース最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(タイガース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス