文字サイズ

ACL、名古屋が逆転勝ちで8強入り シュビルツォク3発「すごく幸せ」

 「ACL・決勝トーナメント1回戦、名古屋4-2大邱」(14日、豊田スタジアム)

 名古屋は大邱(韓国)に4-2で逆転勝ちして準々決勝に進んだ。2度リードされる苦しい展開だったが、FWヤクブ・シュビルツォク(28)がハットトリック。さらに1点を加えて突き放した。東地区の準々決勝、準決勝は10月17日、20日に韓国・全州で集中開催される。

 抜群の決定力で強敵の大邱を破った。名古屋は1-2で折り返した後半、前半も得点したシュビルツォクがさらに2点を奪って逆転勝利。大車輪の活躍でゴール裏のサポーターを熱狂させ「すごく幸せ。3点を決めることができてチームも次のラウンドに進むことができる」と語った。

 試合開始早々に先制され、嫌な展開に持ち込まれた。シュビルツォクは前半12分にゴール前でフリーになり、右足で1-1とした。再び勝ち越されて迎えた後半18分、左クロスを頭で合わせて同点。2分後には相手ゴール前でボールを奪うと、そのまま勝ち越し点を突き刺した。

 今夏に加入し、チームの攻撃力強化に貢献しているポーランド代表FW。試合後は記念のボールを頭に乗せ、サポーターと喜びを分かち合った。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス