文字サイズ

C大阪 7年前の借り返す!小菊監督ACL8強へ「成長した姿を」

 J1C大阪の小菊昭雄監督(46)と元韓国代表GK金鎮鉉(34)が14日、ACL決勝トーナメント1回戦・浦項戦(15日・ヨドコウ)に向け会見に臨んだ。ACL初さい配の小菊監督は「クラブの悲願」と大会制覇を誓った。

 小菊監督は過去3回の出場時もコーチや強化部でACLを経験。14年に1次リーグで対戦した浦項は「鮮明に覚えている」と話す。アウェーで引き分けた後、ホームでFW南野が一発退場となるなど0-2で敗れた。「7年前はクラブとしても経験が浅かった。成長した姿を試合内容で証明したい」と8強進出を誓った。

 金鎮鉉は14年の浦項戦にも出場。「相手は絶対に球際のところは強く来る。僕らも絶対に負けない」と母国チームに闘志を燃やした。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス