文字サイズ

日本代表 吉田麻也「勝つだけ」「大きな火を燃やす」主将が熱い言葉を連発

 日本代表DF吉田麻也(33)=サンプドリア=は6日、W杯カタール大会アジア最終予選第2戦の中国戦(7日、カタール・ドーハ)に向けたオンライン取材に応じた。

 主将の決意は簡潔だった。「勝つだけです」。短い言葉が中国戦における唯一無二の目的をより明確した。

 初戦のオマーン戦はホームで敗れる失態を演じた。森保監督は「意思統一できる絵を(選手に)持たせてあげられなかった」と反省。吉田はより具体的に「緩んでいなかったが、勢いが足りなかった。2次予選の延長や親善試合のような雰囲気があったかもしれない」と甘さを認めた。

 日本が初めてW杯出場権を獲得した1998年W杯フランス大会以降、最終予選で連敗を喫したことはない。中国戦の持つ意味は単なる1試合ではない。6大会連続で成し遂げられているW杯出場は今や日本代表の宿命とも言える。「先輩たちが必死に戦ってつかみ取ってきたもの。このチームで途切れさせる訳にはいかない。自分たちの背中にはいろんなもの背負っている。それは目先のW杯だけじゃなく、サッカー人気だったり、日本サッカーの発展が、自分たちの1試合1試合の結果に左右されるものだと思っている。代表戦の1試合は重さがある」と重責と向き合った。

 窮地に追い込まれたことでチームは変化したという。「確実にみんなの意識は変わった。練習を見ていても感じる」と逆襲への手応えを得ている。揺るがぬ意思を「巻き返す」という言葉に込め、4度も繰り返した。

 ロシアW杯後に長谷部から受け継いだキャプテンマークはすっかり左腕になじんだ。3度目の最終予選に「常に気持ちに大きな火を燃やせるようにしないといけない。必ず巻き返すと言う気持ちが一番強い。それを着火できるようにしたい」。熱を帯びた言葉は、チームを燃え上がらせるはずだ。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

サッカー最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(サッカー)

話題の写真ランキング

デイリーおすすめアイテム

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス