文字サイズ

C大阪・森島社長「サポーターの気持ち伝わっている」監督退任の経緯説明へ

 「明治安田生命J1、C大阪1-0横浜FC」(29日、ヤンマースタジアム長居)

 C大阪の森島寛晃社長(48)が試合後、報道陣の取材に応じ、ロティーナ監督の今季限りでの退任について、シーズン終了後にも経緯などを説明する意向を明かした。

 この日、試合会場となったヤンマースタジアム長居のゴール裏には「ロティーナと天皇杯を獲得して俺達の強さを証明しよう。フロントは納得のいく説明を」などと書かれた抗議の横断幕が多数掲げられ、指揮官の退任を受け止め切れないサポーターの心情が浮き彫りとなった。

 森島社長は「サポーターの気持ちは伝わっています」と理解を示した一方で、天皇杯出場権(2位以内)や来季のアジア・チャンピオンズリーグ出場権(3位以内)を争うチームを試合に集中させたいとの意向もあり、全日程を終えた時点で、何らかの形でサポーターへの説明を尽くしたいとの考えを示した。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(サッカー)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス