文字サイズ

FC大阪が4位キープ 八戸は5位で条件満たせずJ3昇格逃す

 FC大阪加入後、初出場初ゴールを決めたMF篠田
1枚拡大

 「JFL、FC大阪3-1東京武蔵野シティ」(12日、J-GREEN堺メインフィールド)

 サッカーJFLの今季最終節となる第2ステージ第15節が開催され、大阪から3番目のJリーグ入りを目指すFC大阪はホームで東京武蔵野シティに3-1で快勝した。前節まで年間4位のFC大阪はこの試合の結果次第で同5位のヴァンラーレ八戸と順位が入れ替わる可能性があったが、自力で4位を確保。今季J3ライセンスを交付された八戸は昇格条件の4位以内を満たせず、昇格を逃した。同じくJ3ライセンスを持つFC今治、奈良クも4位以内に入ることができなかった。

 第1S、第2Sを通したJFLの通算順位は以下の通り。()内は(勝ち点、第1S順位、第2S順位)。

 1(70、1、1) ホンダFC

 2(61、4、2) ラインメール青森

 3(59、2、7) ソニー仙台

 4(55、3、6) FC大阪

 5(51、5、3) ヴァンラーレ八戸

 6(48、6、4) FC今治

 7(40、11、5) 奈良ク

 8(34、8、9) ホンダロックSC

 9(34、13、8) マルヤス岡崎

 10(34、8、12) 流通経大ドラゴンズ龍ケ崎

 11(33、7、15) 東京武蔵野シティ

 12(29、9、16) ヴィアティン三重

 13(27、12、14) MIOびわこ滋賀

 14(27、14、11) ヴェルスパ大分

 15(26、16、17) ブリオベッカ浦安

 16(24、15、14) 栃木ウーヴァ

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    サッカー最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    スコア速報

    ランキング(サッカー)

    JavaScriptをOnにしてください

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス