文字サイズ

小林陵 日本勢最高7位入賞「自分の力以上のものを出せた」

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ノーマルヒル・決勝」(10日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 男子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)が行われ、小林陵侑(21)=土屋ホーム=は108メートル、108メートルの240・8点で7位に入賞した。

 ジャンプ男子最年少、21歳の小林陵が2本そろえて7位入賞。ともにヒルサイズまであと1メートルに迫る108メートルに到達した。初出場の成長株は「自分の力以上のものを出せたんじゃないかな」と強心臓ぶりを発揮した。

 風が吹き荒れる難条件。1本目はスタート位置を一度外れ、2本目も待たされた。極寒に「足先の感覚があまりなかったがうまく動けてよかった」と言うが、それでも集中力は切らさなかった。

 2季前に初出場したW杯個人戦でいきなり7位に入り、将来を嘱望された。しかし昨季はW杯個人戦出場17試合で、一度も2回目に進めず苦しんだ。「屈辱的なシーズンだった。悔しい思いが支えで、夏の苦しいトレーニングもしっかりできた」。その成果を4年に1度の舞台で発揮した。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス