文字サイズ

小林陵侑 ヒルサイズ越えの大ジャンプで予選3位通過 葛西は22位

3位で予選を通過し、カメラに向かってVサインする小林陵侑(撮影・高部洋祐)
3枚

 「平昌五輪・スキージャンプ男子ラージヒル・予選」(16日、アルペンシア・ジャンプセンター)

 予選が開催され、ノーマルヒルで日本勢トップの7位入賞だった小林陵侑(21)=土屋ホーム=はヒルサイズを越える143・5メートルの大ジャンプを見せ、127・6点の3位で決勝に進んだ。

 この種目で前回ソチ五輪銀メダリストの葛西紀明(45)=土屋ホーム=は、122・5メートルの104・2点で22位。竹内択(30)=北野建設=は120・5メートルの98・5点で27位。小林潤志郎(26)=雪印メグミルク=は115・5メートルの89・5点で37位だった。4選手とも予選を突破した。

 33番目に登場した小林陵は向かい風をとらえたジャンプで、ヒルサイズ142メートルを越えて着地。次の選手からスタート地点が変更になるほどの大ジャンプだった。

 57人が出場した予選では1回の試技を行い、上位50人が17日の決勝に進出。10日に決勝が行われたノーマルヒルでは、小林陵が7位、葛西は21位、小林潤は31位だった。ソチ五輪団体銅メンバーの竹内はノーマルヒルには出場していない。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      五輪最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      デイリーおすすめアイテム

      注目トピックス