文字サイズ

【VM】3連単2000万円超え配当

ケイアイエレガント(右)との叩き合いでヴィクトリアマイルを制したストレイトガール。(左はヌーヴォレコルト)=東京競馬場(撮影・佐々木彰尚)
3枚

 「ヴィクトリアマイル・G1」(17日、東京)

 今春の古馬マイル女王決定戦は、JRA史上2位、G1では最高配当となる3連単2070万5810円の超大波乱となった。

 勝ったのは、5番人気のストレイトガールだ。18番人気のミナレットが大逃げを打つなか、5番手を追走。直線ではいったん2番手追走の12番人気のケイアイエレガントがしぶとく抜け出したが、これをゴール前できっちりとらえて念願のG1初制覇を飾った。3着はミナレットで、配当が発表されると場内はどよめきに包まれた。

 なお、JRA史上最高配当が記録された12年8月4日の新潟5R(3連単2983万2950円)で、17頭立ての14番人気で制したのがミナレット。再び大波乱の立役者となった。

 ストレイトガールは11年の覇者アパパネと並ぶ1分31秒9のレースレコードでのV。戸崎圭太騎手は「本当にいい切れ味だった。センスのある馬で、距離も問題なくクリアしてくれました」とうなずく。「僕自身、G1でずっといい馬に乗っていながら結果が出ていなかったので、きょうは良かったです」と喜びをかみしめた。

 1番人気のヌーヴォレコルトは前を射程圏に入れて運んだが、直線では末脚が不発で6着に完敗。これで今春のG1は、1番人気馬が高松宮記念から6連敗となった。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス