文字サイズ

【ボート】イケメン永井彪也まるがめ周年V インから完璧逃げで2回目のG1制覇

 「京極賞・G1」(19日、まるがめ)

 1号艇・永井彪也(29)=東京・109期・A1=がインからコンマ13のトップスタート(S)を決めて逃走。G1は2回目、今年は3回目、通算では12回目の優勝となった。2着は3号艇・平高奈菜(香川)。3着には4号艇・北村征嗣(大阪)が入り、3連単は1380円の平穏決着となった。

 次世代のスター候補・永井に新たな勲章が加わった。S展示同様に進入は枠なりの3対3。コンマ13のトップSを決めて1周1Mで主導権を握ってバック鋭伸。難なく1周2Mを先に回って決着をつけた。「準優よりいい仕上がりだった。ナイターなので最後まで集中して走った。勝てて良かったです」と笑みがこぼれた。

 G1は19年9月ヤングダービー(三国)に続いて2回目。今年は3回目で通算12回目の優勝となった。これで来月のSG・グランプリシリーズ(12月14~19日・住之江)出場が濃厚となり、来年のSG・クラシック(22年3月16~21日・大村)の出場権をゲット。「SGの権利が獲れて良かったけど、来年はグランプリに出場できるように頑張りたい」と意欲満々。SG舞台で大暴れする日はそう遠くない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス