文字サイズ

【ボート】福岡G1 藤山雅弘が予選13位で準優切符を獲得 狙うは初の優出だ

 「福岡チャンピオンカップ・G1」(9日・福岡)

 予選は全レースが終了。混戦の首位争いは前田将太(福岡)が逆転でトップ通過。2位は坪井康晴(静岡)。3位は枝尾賢(福岡)と新田雄史(三重)が並んだが、上位着順差で枝尾が3位。上位3人が準優勝戦の1号艇に乗り込む。10日の5日目は、10~12Rで準優3レースが行われる。

 大阪支部の元気印・藤山雅弘(32)=大阪・104期・A1=が準優勝戦に駒を進めた。

 3日目終了時で、得点率は16位。勝負駆けの4日目は前半1Rで4着とポイントを稼げなかったが、後半7Rは2コース差しで快勝。一気に得点を加算して13位に浮上。うれしい予選通過を決めた。

 「7Rは展開も良かった」と今節2勝目に表情も和らぐ。「足は行き足が良くバランスが取れていい。スタート(S)は少し様子を見たけど、下がることはない」とライバルに引けを取らない仕上がりをアピールした。

 2009年11月のデビュー以来、今年は2月の近畿地区選(三国)で、G1で初の準優入り。待望の初優出へ、準優12Rは5号艇から勝負に挑む。「思い切って頑張るだけです」と気合はたっぷり。藤山の果敢な攻めに目が離せない。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス