文字サイズ

小牧太騎手の長男・加矢太さんがJRAの障害専門騎手を目指す

 小牧太騎手(53)=栗東・フリー=の長男で、昨年の全日本障害飛越選手権優勝のキャリアを持つ小牧加矢太さん(24)がこの秋、JRAの障害専門の騎手を目指して受験することが分かった。

 もともと加矢太さんはジョッキーを目指していたが、骨の検査で不適正と診断され断念。しかし、障害専門の騎手であれば、体重55キロ以下なら受けられることが分かり、受験を決意したという。

 父の太騎手は「せっかく乗馬の全日本チャンピオンなんだし、彼自身もまだ若い。体重も55キロ。前例がないことだけど、チャレンジするのも面白いのでは、と。今は秋の試験へ向けて勉強中。一次試験はかなり難しいけど、ぜひ受かってくれたら。障害戦を盛り上げてくれたらうれしいね」とエールを送った。

関連ニュース

編集者のオススメ記事

競馬・レース最新ニュース

もっとみる

主要ニュース

ランキング(競馬・レース)

話題の写真ランキング

写真

リアルタイムランキング

注目トピックス