文字サイズ

カタール旋風!2億6000万円で落札

初日最高となる2億6000万円で落札されたリッスン13=北海道苫小牧市のノーザンホースパーク(撮影・村中拓久)
1枚拡大

 「セレクトセール2014」(14日、ノーザンホースパーク)

 北海道苫小牧ノーザンホースパークで開幕した。

 1歳馬のセリが行われた初日の14日はカタール王族のファハド・アルターニ殿下が「リッスン13」(牡、父ディープインパクト)を2億6000万円で落札。同セールで1歳セリが再開した06年以降では初めて、外国人オーナーが最高価格馬の落札者となった。殿下は既に馬主資格を持っており、来夏以降に日本で走らせる可能性も十分にある。1億円超えは昨年と同じ8頭。売り上げは2年連続で60億円を突破し、大盛況となった(※価格は全て税抜き)。

 サングラスの奥で瞳がキラリと光った。8000万円でスタートした「リッスン13」は序盤から活発なセリが繰り広げられ、アッという間に2億円を突破。最終的には1歳馬としてはセレクトセール史上2位タイとなる2億6000万円でハンマーが打ち下ろされた。

 歓喜に沸く外国人集団の中心には、昨年からセレクトセールに参加しているカタール王族のファハド・アルターニ殿下(落札名義は代理人のDavid Redvers)の姿が。関係者とガッチリ握手を交わし、「ファンタスティック」と満面の笑みを浮かべた。

 今年は本気で日本の良血馬を取りに来た。昨年は5頭を落札したものの、1億円超えはゼロ。「高くて買えない」とぼやいていたようだが、さすが世界のサラブレッド市場を席巻する王族。1年前のリベンジと言わんばかりに大金をつぎ込み、母に英G1馬を持つディープインパクト産駒の獲得に成功した。

 セリに同席し、オーナーの代わりに取材対応を行った中内田師は「馬は素晴らしい。血統的には世界のどこに行っても通用する。スタリオンプロスペクト(種牡馬としての将来性)もある」と器を絶賛。当歳セリも潤沢な資金を惜しみなく投入する予定というだけに、2日目も“カタール旋風”が吹き荒れる可能性は十分だ。

関連ニュース

    デイリーペディア

    これも読みたい

    あとで読みたい

    編集者のオススメ記事

    レース最新ニュース

    もっとみる

    あわせて読みたい

    主要ニュース

    ランキング(レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス