文字サイズ

【阪神JF展望】白毛馬ソダシが頂点へ

 「阪神JF・G1」(13日、阪神)

 主役は無傷V3の白毛馬ソダシ。新馬戦を2番手から抜け出して快勝すると、続く札幌2歳Sでは4角先頭から押し切り、白毛馬として史上初となる芝重賞制覇の快挙を成し遂げた。前走のアルテミスSは初のマイル戦&輸送競馬だったが、課題を難なくクリアして快勝。白毛一族の夢であるG1タイトル奪取に期待が高まる。

 相手は同じ白毛一族の血が流れているメイケイエール。前走のファンタジーSは4角4番手から脚を伸ばし、1分20秒1の2歳JRAレコードでV。デビュー3連勝を飾った。ただ、折り合いに苦労する場面があり、マイルへの距離延長が鍵。有り余るスピードを末脚に転化することができれば、2歳女王の座も十分だ。

 2戦2勝でG1の舞台に立つサトノレイナスにも注目。前走のサフラン賞は出遅れて後方からの競馬になったが、直線勝負に懸け、最後は豪快に差し切ってV。全兄に菊花賞3着馬サトノフラッグを持つ良血馬が素質の高さを示した。長所は2戦連続で最速の上がりをマークした鋭い決め手。無敗での戴冠なるか-。

 サウジアラビアRCは2着に敗れたインフィナイトだが、直線で前が壁になるシーン。進路があいてから懸命に脚を伸ばしたが、ロスは大きく勝ち馬に3馬身差をつけられた。それでも馬込みを気にしない勝負根性を備えており、どんな競馬にも対応できそう。改めて。

 2戦2勝のポールネイロンは1F延長と初の右回り克服が鍵。札幌2歳S2着ユーバーレーベン、ファンタジーS5着の熊本産の星ヨカヨカの巻き返しにも注意したい。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス