文字サイズ

【競輪】ガールズGPトライアルは佐藤水菜、児玉碧衣が優勝 GP出場選手も決定

ガールズグランプリトライアルのトパーズで優勝した児玉碧衣(左)とアメジスト優勝の佐藤水菜
3枚

 「ガールズグランプリトライアル2020」(20日、小倉)

 G1・競輪祭の3日目に行われ、11Rのアメジスト決勝は佐藤水菜(21)=神奈川・114期・L1、12Rのトパーズ決勝は児玉碧衣(25)=福岡・108期・L1=が1着。ともにガールズグランプリ2020(12月28日・平塚)出場権を手にした。

 11Rは佐藤が優勝。滑り込みで2年連続2回目のグランプリ出場権をつかみ取った。太田りゆ(埼玉)-小林優香(福岡)後位からレースを進め、最終2角で小林がまくり上げすると、佐藤もその上を仕掛ける。外から梅川も踏み上げ、ナショナルチーム勢でのまくり合戦となったが、最後まで踏み切った佐藤が、先頭でゴールを駆け抜けた。

 優勝しかグランプリに出場できない状況で、佐藤はきっちり結果を残した。今年7月からナショナルチームに加入。これが脚力アップにつながった。「ここを優勝するしかないと強い気持ちになった。ナショナルチームに入って、タイムも上がっているし、成長もできている」。昨年は腰の痛みがひどく、レースに参加できなかったが、今年は平塚での開催。地元の応援を背に果敢に攻める佐藤から目が離せない。

 12Rは児玉が女王の貫禄を見せつけた。「11Rでサトミナ(佐藤)も頑張っていた。いろんなストーリーがあるなって感動した。自分も12Rでいいレースができた」と満足そうに振り返った。

 初手は5番手でレースを進め「マオ(尾方真生)とヤナギ(柳原真緒)が踏み合うのは頭に入っていた。ヤナギがマオにふたをしたし、ラッキーと。余裕を持って走れた」と最終1角から満を持して踏み上げ、一気のまくりで優勝を飾った。

 既に当確だったガールズグランプリに弾みをつける優勝。「ほかの人も誰にも負けたくない気持ちで走る。自分も気を引き締めて、3連覇を目指して練習する」と年末の大一番でも主役の座は譲らない。

 この結果、ガールズグランプリ2020の出場選手が決定。選考順に児玉、佐藤水、高木真備(東京)、石井貴子(千葉)、梅川風子(東京)、鈴木美教(静岡)の7人。尾崎睦(神奈川)は今年の獲得賞金順で7位だったが、次点となった。

 選考順7位で鈴木美がグランプリ出場を決めた。11Rで4着。尾崎が12Rで2着なら逆転される状況だったが、5着と敗れたため、出場権を勝ち取った。「12Rは見ていられなかった。黒河内(由実)が『2着は荒牧(聖未)さんだよ』って声をかけてくれてホッとした」とうれし涙を流して喜んだ。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス