文字サイズ

【阪神JF展望】リアアメリア無敗2歳女王だ

 主役はディープインパクト産駒のリアアメリアだ。6月阪神の新馬戦を馬なりのまま、後続に8馬身差をつける衝撃的な勝ちっぷりでデビューすると、5カ月ぶりのアルテミスSでは外から難なく差し切り勝ちを収め、無傷の2連勝で重賞初制覇を成し遂げた。ひと夏を越えて馬体もボリュームアップ。川田も「ポテンシャルが高いのは間違いない」と素質を評価する。無敗の2歳女王に向けて視界は良好だ。

 真っ向勝負を挑むのはウーマンズハート。前走の新潟2歳Sではメンバー最速の上がり32秒8の末脚を披露してV。強烈な決め手が武器で「立ち回りがうまい」と西浦師は目を見張る。

 レシステンシアも上記の2頭と同様に新馬戦→重賞と連勝。前走のファンタジーSでは先行勢が総崩れの流れの中、2番手から抜け出した正攻法の競馬が光った。1F延長への対応が鍵となる。サウジアラビアRC2着のクラヴァシュドール、武豊騎乗のヤマカツマーメイド、キズナ産駒のルーチェデラヴィタも圏内。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス