文字サイズ

名馬マヤノトップガン死す 坂口正大・元調教師「さみしい」

 1995年の有馬記念を制したマヤノトップガン(左端)
2枚

 マヤノトップガンが死んだことが5日、分かった。JRAが発表した。3日に、けい養先の北海道新冠町の優駿スタリオンステーションで老衰のため。27歳だった。

 同馬は1995年1月8日に京都のダートでデビュー、その後はダート路線を歩んでいた。しかし、8戦目の6月に初めて芝のレース(900万特別・当時)で3着に入ると、次の芝のレースで1着となった。

 9月に復帰すると神戸新聞杯、京都新聞杯と重賞で連続2着に入り、続く菊花賞でG1を初制覇。有馬記念では古馬を撃破してG1連勝を飾り、同年のJRA年度代表馬、最優秀3歳牡馬を受賞した。

 96年には宝塚記念を制し、97年には天皇賞・春で4つ目のG1タイトルを最後に現役を引退。その後は優駿スタリオンステーションで種牡馬として供用され、種牡馬引退後も同所でけい養されていた。

 株式会社・優駿は「27歳ともなり、今年になってだんだん体にハリがなくなり、歳をとってきたように感じていました。3日の夕刻より体調を崩し、午後6時に安らかに息を引き取りました。種牡馬として重賞馬も数多く出してくれて、長く現役種牡馬として活躍してくれました。功労馬として余生を過ごし、ファンにもとても愛された馬でした」とコメントした。

 現役時代に管理した坂口正大・元調教師は「日曜(3日)の夕方に立ち上がれない状況だと連絡を受けました。さみしいです」と静かに話し「厩舎に最初のG1をもたらしてくれた馬。脚元が固まらない時期があったので、最初はダートを使いました。扱いやすい馬で、調教もしやすかったです」と当時をなつかしんでいた。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      競馬・レース最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(競馬・レース)

      話題の写真ランキング

      写真

      リアルタイムランキング

      注目トピックス