文字サイズ

【七夕賞】レイホーロマンス 鋭伸 漂う勝負気配「牡馬との能力差はない」

 上々の動きを見せたレイホーロマンス
1枚拡大

 「七夕賞・G3」(8日、福島)

 1番人気に推された前走のマーメイドSは6着。レイホーロマンスが汚名返上を期し、今度こそ重賞初勝利をつかみ取る。

 最終追い切りは4日、栗東坂路で4F54秒2。しまいに気合をつけられると、ラスト1Fは12秒1をたたき出して駆け上がった。「しまいの反応は良かったし、最後までしっかりと走っていた」と、村井助手は状態の良さに太鼓判だ。「前走は位置取りが後ろ過ぎた。力負けではないと思う。この中間の気配もいい」と巻き返しを誓う。

 今回は牡馬が相手だけに、ハンデは前走から1キロ減って51キロ。鞍上には早くから関東のベテラン・内田博を確保し、勝負気配が漂っている。過去10年で牝馬Vは11年イタリアンレッドのみだが、同助手は「牡馬との能力差はない。ハンデが軽い分、チャンスはある」と大きな期待をかけている。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    競馬・レース最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(競馬・レース)

    話題の写真ランキング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス