文字サイズ

石原良純、父・慎太郎攻撃に「辛い」「限界だったのかな」

石原良純
1枚拡大

 俳優の石原良純が6日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」に月曜コメンテーターとして生出演。3日に行われた父で元東京都知事の石原慎太郎氏の会見についてコメントを求められ「政治家・石原慎太郎の限界だったのかなと思った」と発言。またバッシングを受ける父の姿に「辛い」と家族としての心境も吐露した。

 番組では、3日に行われた石原氏の会見について特集。その中で、豊洲の用地買収について浜渦副知事(当時)に一任していたが、会見にあたって浜渦氏に聞き取りを行っていなかったことや、東京ガスの瑕疵担保の放棄を認めた書類に判を押していることに「記憶にない」としゃべったことを“会見ポイント”として取り上げた。

 良純は、浜渦氏に詳細を聞いていないとした父を「なんで話をしていないのかなと違和感を覚えた」、東京ガスの瑕疵担保放棄の書類に判を押したことも「もうちょっと経緯を話してもらわないと」と冷静に語った。

 だが、テレビ朝日の玉川徹氏は「全然潔くない。潔さ語るなら百条に出て淡々と事実を語ればいい。無責任のそしりは免れない」と厳しいコメント。住田裕子弁護士も「石原さんは関心あることだけ一生懸命やるけど、そうでないのは浜渦さんに一任してほったらかし。だから週3日の登庁で足りたと聞いている。申し訳ないけど」と隣に座る良純には耳の痛いコメントを連発。

 良純は「そういう意味では完全に自分の興味あることとないことを本当に選別していた。豊洲に関しては優先順位低かったけど、でもそういうことではすまなくて、お金が巨額になったとき、そこで政治家・石原慎太郎はある種、限界的なものだったのかな」と、“父”としてではなく、“政治家”として見た石原慎太郎氏を分析した。

 だが、最後にはやはり家族としての思いも顔をのぞかせ「一つだけ、余計ですけど、これだけ言われて、毎日毎日でてくるのは、応援してきた人間としては辛い」と正直な気持ちも吐露。

 良純はこれまでも同番組で、慎太郎氏についてたびたびコメントしてきたが、1月には、小池都知事が自身のツイッターで「別人格とはいえ、コメンテーター選びにこそ違和感あり」などとつぶやき、肉親である良純がコメンテーターとして出演することに異議を唱えるなどしていた。

関連ニュース

    デイリーペディア

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリースポーツ
    ネットショッピング

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス