文字サイズ

広島・佐々岡監督 2者連続デッドボールでサヨナラ初陣星も…課題残る初戦

 「練習試合、広島5-4ロッテ」(14日、コザしんきんスタジアム)

 収穫と課題が残る“初陣”だった。広島は佐々岡新監督初采配となったロッテとの練習試合で初勝利を収めたが、「白星は全然、今はそこまで気にしていない」と苦笑いを浮かべる。

 ほぼベストメンバーの攻撃陣は、主砲・鈴木誠が貫禄の一発。その後は押し出し四球で追加点を奪い、1点ビハインドの九回には2者連続の押し出し死球でサヨナラ勝ち。しかし指揮官が表情を曇らせたのは、抑え候補のフランスアだ。

 1点リードの九回から登板したが、1死から3連打を浴びるなど2失点で「内容的には寂しいかな」と物足りなさを口にした。救援陣の再整備は、覇権奪回に必要不可欠。昨季から露呈していた課題を、チーム全体で克服していく。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      広島カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス