文字サイズ

大瀬良、沢村賞&五輪狙う 鯉投最高俸の誓い…完投型へ「時代にあらがう」

 広島・大瀬良大地投手(28)が11日、マツダスタジアムで契約更改交渉に臨み、3000万増の1億7500万円でサイン。球団日本投手最高年俸となった。初の開幕投手を務めた今季はリーグ4連覇こそ逃したが、11勝9敗、防御率3・53。3年連続で規定投球回をクリアした。2020年は初の沢村賞と東京五輪出場を目指す。(金額は推定)

 ワインレッドのネクタイを締めた大瀬良は、爽やかな表情で会見場に姿を見せた。交渉時間は約30分。契約内容を問われると、包み隠さず金額を公表した。

 「3000万円アップの1億7500万円でサインさせていただきました。想定と比較して?あまり考えてなかったので、言ってもらった数字で満足させていただいてます」

 今季は初の開幕投手を務め、3年連続2桁勝利となる11勝をマーク。リーグ4連覇こそ逃したが、鈴木球団本部長は投手陣トップの評価と明言。「あれだけのピッチャー。もっと上を目指すことができる」とさらなる飛躍に期待を寄せた。

 令和の時代を迎えても、先発投手として究極を追い求める。今年は先発完投型の投手を表彰する沢村賞が2000年以来、19年ぶりに該当者なしとなった。173回1/3を投げ、両リーグトップの6完投を挙げた右腕は「一度は取ってみたいタイトル」と穏やかな口調に自負をのぞかせた。

 「(投手)分業制になっているけど、中継ぎの負担が大きくなる。そこの時代にあらがうヤツがいてもいい。個人としては、そこを目指して頑張りたいです」

 広島では佐々岡監督をはじめ、前田健太、ジョンソンら歴代エースが受賞してきた。条件は…

(1)25試合以上登板

(2)10完投以上

(3)15勝以上

(4)勝率6割以上

(5)200イニング以上

(6)150奪三振以上

(7)防御率2・50以下

選考基準が高いからこそ、チャレンジのしがいがある。来季も200イニング到達を目標に掲げ、令和初の沢村賞を狙う意気込みだ。

 東京五輪出場への意欲も隠さない。「やっぱり目指したい場所ですし、まだまだ諦めていない。小さい頃からすごいと思ってオリンピックの中継を見てきた」。2020年は開幕から白星を積み重ね、侍ジャパンの稲葉監督を振り向かせる。

 会見後には今年の漢字を「和」としたため、沢村賞以外の来季の目標として「来季は“一体感”でリーグ優勝奪回、そして日本一!」と掲げた。来季もチームの大黒柱としてフル回転する。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    広島カープ最新ニュース

    もっとみる

    スコア速報

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス