文字サイズ

鈴木が雄たけび!3打点の大暴れ

5回、バンデンハーク(左)から2点打を放つ鈴木(撮影・棚橋慶太)
2枚

 「日本シリーズ・第2戦、広島-ソフトバンク」(28日、マツダスタジアム)

 広島・鈴木誠也外野手が、この日2本目の適時打を放った。

 3点リードの五回、1死二、三塁。バンデンハークの変化球を中前に運ぶ2点適時打。相手を突き放す一打に、右拳を突き上げてほえた。鈴木は「打ったのはスライダー。チャンスでうまく対応することができました。良い追加点になりました」とうなずいた。

 この試合、先制点も4番のバットから生まれた。一回、2死三塁。バンデンハークの直球を仕留め損ねた打球は、遊撃前へ高く弾むゴロ。遊撃手・今宮が素早く処理して一塁へ送球したが、激走の鈴木の足がわずかに速くセーフとなった。

 前夜は延長十二回ドロー。何とか流れを引き寄せたい一戦で、鈴木は「とにかくチームが先制できて良かったです」と、結果を喜んだ。

関連ニュース

    デイリーペディア

      編集者のオススメ記事

      カープ最新ニュース

      もっとみる

      主要ニュース

      ランキング(野球)

      話題の写真ランキング

      写真

      デイリーおすすめアイテム

      リアルタイムランキング

      注目トピックス