文字サイズ

古田敦也氏 高津氏と山本氏の野球殿堂入りを祝福

 野球殿堂博物館の表彰委員会は14日、今年の野球殿堂入りを発表した。競技者表彰のプレーヤー表彰では日米通算313セーブ(日本で歴代2位の286セーブ)を記録した現ヤクルト監督の高津臣吾氏(53)、中日で史上最年長勝利を含む通算219勝を挙げた山本昌氏(56)を選出。特別表彰では東海大の創設者で首都大学リーグを設立した故松前重義氏が選ばれた。

 この日行われた野球殿堂入りの通知式では高津、山本両氏へのゲストスピーカーとして、2人と親交のある元ヤクルトの古田敦也氏(56)が出席した。

 ともにヤクルト黄金時代を築いた高津氏には「普段はあっさりした明るい性格だが、マウンドでは丁寧で粘り強い。そして経験値の高さが弱かったスワローズを優勝に導いた」と選手、監督としての実績を称賛した。

 同い年の山本氏へは「歴代の奪三振王の中では一番球が遅い。これは褒め言葉」と06年に41歳で達成した無四球ノーヒットノーランを含めて技術の高さを絶賛。40歳目前で球速が140キロを記録したと報告してきたエピソードも披露し「その飽くなき向上心で、50歳まで現役をやれたと思う」と話していた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス