文字サイズ

松坂引退登板の相手 日本ハム・近藤「対戦できたことは一生の宝物」結果は四球

1回、松坂(右)から四球を選んで出塁する近藤(撮影・西岡正)
差に後の登板を終え、マウンドを降りる松坂(中央)=撮影・西岡正
引退登板を終えマウンドでお礼をする松坂(撮影・金田祐二)
3枚

 「西武-日本ハム」(19日、メットライフドーム)

 西武・松坂大輔投手が自身の引退試合で先発。現役最後の対戦相手は、横浜高校の後輩でもある日本ハム・近藤健介外野手で、1球もバットを振らずフォアボールの内容となった。

 「横浜高校と言ったら松坂さん」と、敬意を抱いてきた大先輩との対戦前-。試合前の練習で近藤は、同じく横浜高校の後輩である浅間、高浜、万波を引き連れ、右腕にあいさつ。和やかな雰囲気につつまれたが、試合になれば真剣勝負だった。

 注目の初球は高めの118キロでボール。2球目は外角いっぱいに118キロを投げ込みストライク。その後、3球続けてボール判定で四球となった。

 近藤は18年の球宴で初対戦し中前打を放っていたが、公式戦ではこれが最初で最後の対戦だった。近藤は「松坂さんは小さい頃からずっと追いかけ続けてきた大先輩。こうして引退試合に立ち会えたことだけでも幸せですが、打席に入って対戦できたことは一生の宝物です。これまで野球界を先頭で引っ張ってこられた偉大な先輩に、少しでも近づけるように精進していきます」とコメントした。

野球スコア速報

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス