文字サイズ

日本プロ野球選手会が中日に抗議文「信頼関係を維持できない状況」

 日本プロ野球選手会は28日、中日球団に対し抗議文を送付したことを発表した。

 選手会側は、26日から始まった同球団の契約更改交渉において、加藤球団代表の言動をはじめとする球団の対応を問題視。「所属選手に対する査定方法の事前説明が二転三転したり、不十分な点がありました。また、所属選手との契約更改交渉後の、同球団代表がメディアに対して、一方的に所属選手が年俸金額でもめているかの印象を与える発言をするなど、選手と球団の信頼関係を維持できない状態が発生しています」とし「球団代表の言動に強く抗議し、所属選手に対する十分な協議を求める申し入れを行いました」と明らかにした。

 中日ではここまで、主力として活躍した福谷、福、木下拓の3選手が保留している。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    野球最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(野球)

    話題の写真ランキング

    写真

    デイリーおすすめアイテム

    リアルタイムランキング

    注目トピックス