文字サイズ

堀江氏、プロ野球参入失敗した原因「ナベツネさんに」 R・クレメンスと合意も

 実業家の堀江貴文氏(46)が7日放送のMBS「戦え!スポーツ内閣」(水曜、午後11・56)の収録にゲスト参加。2004年にプロ野球新規参入を目指した際に、当時米大リーグで現役だった通算354勝右腕のロジャー・クレメンス投手から「一緒にやろう」と言われていたことを明かした。参入が実現しなかった原因を聞かれると、元巨人オーナーの渡辺恒雄氏(92)への根回しが足りなかったと語った。

 当時ライブドアを率いていた堀江氏は、近鉄買収に名乗りを挙げ、オリックスと近鉄の合併後は、仙台に新球団設立を発表したが、競合した楽天の参入が決定した。

 収録で当時のことを聞かれた堀江氏は「実は、ロジャー・クレメンスが六本木ヒルズに来て『一緒にやろう』と言ってくれていたんです」と明かした。

 ここで同じくゲスト出演した、楽天初代監督の田尾安志氏から「なんで新球団を楽天が持つことになったんですか?」と聞かれると、堀江氏は「それをぼくに聞きます?」と苦笑した。

 堀江氏はライブドアの参入が実現しなかった理由を問われると「ナベツネさんに会ってから、球団買収案を公表していたら大丈夫だった」と主張。「ぼくがミスをしたからソフトバンクの孫(正義)さんも、楽天の三木谷(浩史)さんも、先にナベツネさんに挨拶にいって発表している」と語っていた。

関連ニュース

    編集者のオススメ記事

    芸能最新ニュース

    もっとみる

    主要ニュース

    ランキング(芸能)

    話題の写真ランキング

    デイリーおすすめアイテム

    写真

    リアルタイムランキング

    注目トピックス